生き心地の良い人生に

*

貧しき人々

   

「一番大切な市民としての美徳とは、金儲けの才能だ」
(本質的な意味としてはただ単に金をもうけるということではなく、「相手が誰であろうとも他人の厄介にはなるな」ということ)
「わたしにとっては何よりも名誉心がいちばん大切なのです」
「自分で自分を今までのように尊敬できないこと」
「貧乏は罪ではない。」

昨日はドストエフスキーの「貧しき人々」を読み終えました。上記は小説からの抜粋です。
今作は彼の処女作ですが抜粋にもあるように、「貧乏自体は罪ではないけど、人を卑屈にしてしまう」っていうのが印象に残りました。このテーマは僕も含めて人間として苦悩せざるをえないものかなって思いました。日記と手紙の形式です。
ドストエフスキー(1821~1881)。
誰もが一度は耳にしたことがあるかもしれません。(知らない人いたらごめんなさい^^)
彼は19世紀ロシアに生まれた偉大な作家です。
彼の作品で有名なのは「罪と罰」、「カラマーゾフの兄弟」あたりではないでしょうか。
「貧しき人々」は200ページくらいなので、上記の2作に比べるとこじんまりとした印象を受けます。
しかし、登場人物(貧しい環境に置かれた人々)の細かい心情描写はさすがです。これらの人々は当時のペテルブルグの人々を背景としているといわれていますので、当時の人々の姿がどこか想像できますね。それとともに、現代の人々の心にも通じるものがあると思います。
貧しき人々


こんにちは。新着から入りました。私も何とか皆さんの心を動かすブログを作りたいです。うちにもどうぞお越しください。


 - 読書

ad pc

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

no image
セックスボランティアという本を読み始めた

今日は午前9時から午後の6時まで寝てしまって 今の時間まで起きている。 オレンジ …

「人生の短さについて」 (セネカ著) を10ページくらい読んで。

セネカは2000年くらい前の人です。 その人がこんなことを言っています。 われわ …

no image
隠居スイッチ

今日もまた、過ぎていきました。   この数日、大原さんの「20代で隠居 …

no image
もう家では勉強しませんって思い始めてきた。

家で勉強しているとパソコンとかふかふか布団とかで誘惑される。 僕はやっぱりそうい …

no image
音読~半ニートが早朝に名作を声に出して読み始めた~

ここ数日、2,3日前からだろうか、朝から本を片手に日本語の音読を開始した。 英語 …

no image
読書遍歴

紹介文にもあるとおり、僕は20歳あたりから本を読み始めました。本といっても主に小 …

no image
中国の女 エイズ村、売春婦、大富豪

中国語を勉強していることもあって、最近は中国関係の本に目が行くことが多い。 先程 …

no image
ワイルドスワンを読み始めた

読み応えのある本を読み始めた 書名は「ワイルドスワン」。 上、中、下と三巻あって …

no image
キンドルで1Q84を読み始めてみた

今日の読書は朝6時に始まった。 Mr.Haruki MurakamiのIQ84で …

no image
読書を続けてみてくれ。

僕は読書が好きだ。 読書は出会いなのだ。 読書をすることで僕は新しく生まれ変わる …

PREV
永遠の片思い
NEXT