生き心地の良い人生に

*

ワイルドスワンを読み始めた

   

読み応えのある本を読み始めた
書名は「ワイルドスワン」。
上、中、下と三巻あってヴォリュームたっぷりだけど、文章のリズムの良さと面白さが適度にブレンドされていてページをめくるスピードは速い。
中国北東部、20世紀前半、日本軍の駐留。
一人の女性の視点と体験を通して見えてくるのは
国の体制、文化、風習が人間を翻弄せざるを得ないという圧倒的な切なさである。
幼女が纏足される過程は読んでいて想像するのも痛々しかった。
文化と安定生活の狭間で束縛の海を泳いでいく中国女性。
すべてを捨ててまで手にした自由が女性にもたらした実感的な言葉が印象的だった。
「愛があれば、ただの水だっておいしいわ
現在、上巻の100ページを越えたところだが、すでに傑作である。

ワイルド・スワン〈上〉 (講談社文庫)
講談社
ユン チアン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ワイルド・スワン〈上〉 (講談社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


 - 読書

ad pc

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

no image
貧しき人々

「一番大切な市民としての美徳とは、金儲けの才能だ」 (本質的な意味としてはただ単 …

no image
読書を続けてみてくれ。

僕は読書が好きだ。 読書は出会いなのだ。 読書をすることで僕は新しく生まれ変わる …

no image
音読~半ニートが早朝に名作を声に出して読み始めた~

ここ数日、2,3日前からだろうか、朝から本を片手に日本語の音読を開始した。 英語 …

no image
女性の性欲ーセックスボランティアを読んでー

女性にも性欲がある 上記の表現を書いたとき、なんとなく違和感を感じた。 男性にも …

no image
隠居スイッチ

今日もまた、過ぎていきました。   この数日、大原さんの「20代で隠居 …

no image
読書遍歴

紹介文にもあるとおり、僕は20歳あたりから本を読み始めました。本といっても主に小 …

no image
中国の女 エイズ村、売春婦、大富豪

中国語を勉強していることもあって、最近は中国関係の本に目が行くことが多い。 先程 …

no image
セックスボランティアという本を読み始めた

今日は午前9時から午後の6時まで寝てしまって 今の時間まで起きている。 オレンジ …

「闇の中に光を見出す」を読んで~貧困になる背景~①社会保障の穴

闇の中に光を見出す(清水 康之 , 湯浅 誠 ) を読んでみました。 日本の社会 …

「人生の短さについて」 (セネカ著) を10ページくらい読んで。

セネカは2000年くらい前の人です。 その人がこんなことを言っています。 われわ …