生き心地の良い人生に

*

20代でバイトをたくさん経験しておいて良かったかもしれない

      2018/06/21

スポンサーリンク

 

 

ちょっと思ったんだけど、20代で僕は働かざるをえなくて

自分なりにいろいろ働いた経験がある。

正社員は無理だと思っていて

バイトや派遣などやってきたんだけど

振り返ってみて

そうやってあちこちで働いてみて少し良かったかなと思う。

 

というのは、そうやって働くことで自分のできることがわかったし

どのくらい働けば自分が生きていけるのか

身をもって知ることができたからだ。

そしてその経験が今、自分のちょっとした安心感につながっている。

38歳になっても、40歳になっても、50歳や60歳になっても

まぁ生きていけるだろうという根拠のない自信。

※未来は大幅に変わっていると思うけど

 

日本という国は7万円稼げば生きていける環境がある。

なんでもいいから7万円稼げばいい。

※今月は14日目で4万9千円代なので6万円前後に収まるかも

 

ここではあえて

健康で文化的な生活という先進国的な枠組みは脇においておく。

 

とりあえず7万円稼いであとは寝ていればいい。 

そういう事実がある。

僕にとって7万円というのは、いまのところ現実的に可能な数字だ。

なにかしらバイトすれば稼げてしまう。

その事実を踏まえると

20代でいろいろ経験できたことは良かった。

「あのバイトをすれば7万円稼げるな」

「あれで週2回でも働けば最悪生きていけるな」

そんな算段が可能になってくる。

奨学金を背負って自分なりに働いてみたことが

今となっては生きていく自信になっている。

 

 

というよりそもそも、あの時点で働かないでいるのは無理だった。

借金もあったし、実家に帰って親のスネをかじりながらというのは

たぶん許されなかった。

生保を利用していたとしても奨学金が消えるわけではない。

なので、働いている時はなんだか大変だったけど、

とりあえず僕のスペックなりにやっておいてよかった。

 

 

そして、今30代中盤で、僕はゆったりと引きこもっている。

これからどうしようか。そのようなことが頭をもたげてくるけど

実はまだこれからが人生の第2幕、

身軽なおっさん人生の始まりなんじゃないか。

そんなふうに時どき思ったりもしている。

 

 

 

スポンサーリンク


 - 考えたこと、思ったこと ,

ad pc

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

「闇の中に光を見出す」を読んで~貧困になる背景~①社会保障の穴

闇の中に光を見出す(清水 康之 , 湯浅 誠 ) を読んでみました。 日本の社会 …

no image
無料の惰眠といったものはどこにもない

    マンキュー経済学と言う本を読んでいたら 人々は意志決 …

【労働のつらいところ】 受動喫煙 ~同僚のタバコの煙を浴びる~

そうなんですよ。   職場の体制として厳しく分煙されている環境ならいい …

no image
「誰かのために役に立ちたい」と強く思うことがない

  「誰かのために役に立ちたい。」   時々、世の中の人々か …

no image
たぶん僕は1人で時間をやり過ごす才能が少しある

  うすうす気づいていたんだけど   たぶん僕は独りで時間を …

no image
自分のなかにアンダルシア人的性質を取り入れる

  おもしろい記事がありました。   ラ・リーガ史上最高の日 …

no image
ドストエフスキーも自慰行為をしていたのだろうか

想像力を働かせたら ドストエフスキーが極寒のサンクトペテルブルグで 背中を折り曲 …

no image
春を通り越して6月になっていた

  春が終わっていた。慌ただしいような時間だった。 もう6月で、これか …

no image
冬になった。雪をののしる。足元の電気毛布。

スポンサーリンク   冬になりました。   冷たい風が吹いて …

no image
高度成長世代の人生の過ごし方を思う

生きるとは何だろうか。 時々、ふとそんなことを考えている。 以前聞いたことのある …