生き心地の良い人生に

*

むかし好いていた人を思い出してしまうこと

      2017/08/08

 

ほんとうにたまに、寝ている時に起こるんですが

むかし、人並みに人を好きになっていた時代に

好いていた人のことを思い出すことがあります。

 

今となってはとても貴重なものに思える時間や情景が

強く心に迫ってくるのです。

 

これは何なんでしょうね。

 

また、記憶であるためでしょうか、

ずいぶんその人を美化している自分がいます。

 

やはり巷で言われているように、

僕も名前をつけて保存するタイプなのかもしれません。

 

困るんだよなー。

 

 

 

どうしても自分の心からもぎとることができなかったのは 

ーーー自分は永久に女を失ってしまったという、ほとんど絶望に達するほどの哀惜感であった。

 

愛を失ったという哀惜の念を、自分の胸からもぎ取ることもできなければ、彼女とともに過ごした幸福のおりおりを、記憶の中から拭い去ることもできなかった。

その幸福は、当時あまりありがたいとも思わなかったのに、今ではその魅力を残りなくくりひろげて、いたるところ彼につきまとうのであった。

 

(レフ・トルストイ、米川正夫訳、アンナ・カレーニナ、頁310)

 

 

[ad#co-1]


 - 考えたこと、思ったこと

ad pc

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

no image
気温差で疲れる気がする

  極寒の日々が続きますね。   外気温と室内気温の差があり …

no image
底辺なのに人生に絶望しない理由

僕は年収200万前後だし独身で底辺労働者なのだが、人生にあまり絶望していない気が …

no image
ふと気がつくと、僕は28歳になっていた。

ふと気がつくと、僕は28歳になっていた。 記憶を辿って自分が何をしてきたのかを反 …

no image
寒さ。時流。変化。

冬だから当然なのだが、寒い。 青い空はけっこうだが、それが冷気を伴っていれば閉口 …

no image
「誰かのために役に立ちたい」と強く思うことがない

  「誰かのために役に立ちたい。」   時々、世の中の人々か …

no image
朝の2時間で最もやっかいだけどやらなければいけないことを終わらせること

なぜか、朝と言うのは物事がはかどります。 同じ事を朝の2時間でやるのと夜の2時間 …

no image
無責任な若者

車もいらない。2階建ての豪華な家も欲しくない。彼女もいらないし結婚願望もない。子 …

no image
地震が奪うもの

今、いったい何を書けばいいのか。。 この数日間で人生観が少し揺らいでいる気がする …

no image
小さなことを積み重ねていく

  何かをやりたいとか、達成したいと思ったときは   まずは …

no image
春を通り越して6月になっていた

  春が終わっていた。慌ただしいような時間だった。 もう6月で、これか …