生き心地の良い人生に

*

むかし好いていた人を思い出してしまうこと

      2017/08/08

 

ほんとうにたまに、寝ている時に起こるんですが

むかし、人並みに人を好きになっていた時代に

好いていた人のことを思い出すことがあります。

 

今となってはとても貴重なものに思える時間や情景が

強く心に迫ってくるのです。

 

これは何なんでしょうね。

 

また、記憶であるためでしょうか、

ずいぶんその人を美化している自分がいます。

 

やはり巷で言われているように、

僕も名前をつけて保存するタイプなのかもしれません。

 

困るんだよなー。

 

 

 

どうしても自分の心からもぎとることができなかったのは 

ーーー自分は永久に女を失ってしまったという、ほとんど絶望に達するほどの哀惜感であった。

 

愛を失ったという哀惜の念を、自分の胸からもぎ取ることもできなければ、彼女とともに過ごした幸福のおりおりを、記憶の中から拭い去ることもできなかった。

その幸福は、当時あまりありがたいとも思わなかったのに、今ではその魅力を残りなくくりひろげて、いたるところ彼につきまとうのであった。

 

(レフ・トルストイ、米川正夫訳、アンナ・カレーニナ、頁310)

 

 

スポンサーリンク


 - 考えたこと、思ったこと

ad pc

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

【労働のつらいところ】 受動喫煙 ~同僚のタバコの煙を浴びる~

そうなんですよ。   職場の体制として厳しく分煙されている環境ならいい …

no image
ふと気がつくと、僕は28歳になっていた。

ふと気がつくと、僕は28歳になっていた。 記憶を辿って自分が何をしてきたのかを反 …

no image
自分のなかにアンダルシア人的性質を取り入れる

  おもしろい記事がありました。   ラ・リーガ史上最高の日 …

no image
この世に存在するということ

今日は朝から雨が降り続いている。 気温も10度近く下がって、部屋の中でも靴下を2 …

no image
Seven years in Oita and Beppu

ずっとこの街に住むと思って この7年間を過ごしてきたわけではないけど いよいよこ …

no image
淡々と過ごす

  淡々と過ごす。淡々と生きる。   複雑さを増す社会状況。 …

no image
寒さ。時流。変化。

冬だから当然なのだが、寒い。 青い空はけっこうだが、それが冷気を伴っていれば閉口 …

no image
日々の中で、やりたいことはやっておく

一日というのは、やはり否応なく過ぎていくものである。 小学校の頃、一日は長かった …

no image
ドストエフスキーも自慰行為をしていたのだろうか

想像力を働かせたら ドストエフスキーが極寒のサンクトペテルブルグで 背中を折り曲 …

no image
3畳部屋に籠(こ)もる

  僕のアパート部屋の間取りは2Kで、それは2つの部屋と台所部屋と風呂 …