生き心地の良い人生に

*

半ニートやニートの体力~働くには体力の向上が必要です~

   

働かないと体力が落ちてしまうのではないか?
これが、僕が半年もの間、一日3時間以上働かないでいた上での感想です。
もちろん、ふつうに考えればそれは当たり前に思えますよね。
1日8時間以上働いている間は、体はどうで動いているわけで、
パソコンに向かう仕事といえども腰や背中の筋肉を長時間にわたって使っているわけです。
でも、これがニートや1日4時間も働かないようなフリーターになると
残りの時間は緊張感もそれほどなく、部屋で寝そべっていたり、
いすに座ってのんべんだらりとモニターを凝視していたりするわけです。
こういった状況が長期間続くと、1日8時間以上働くことがものすごく大変に思えてくるわけですね。
それはやはり体力的に耐えられるかどうかという問題も絡んできているように思われます。
そこで、僕は自分にひとつ提案を出しました。
I have a suggestion! です。
腹筋と背筋と腕立て伏せを1日10回づつ始めよう!
まずはそこからですな。


確かに!!
労働用の体力は、労働しないとガス欠しますね。
社畜時代は、まあ月間250時間とか働いてたな~
今は、月間100時間で限界・・・


 - 考えたこと、思ったこと

ad pc

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

no image
底辺なのに人生に絶望しない理由

僕は年収200万前後だし独身で底辺労働者なのだが、人生にあまり絶望していない気が …

no image
僕はもっと自由でいいんじゃないか。なぜなら僕はもう死んでいるから

  そんなことを思ったりしている。   僕は本当は、死んでい …

no image
小さなことを積み重ねていく

  何かをやりたいとか、達成したいと思ったときは   まずは …

no image
ネットに時間を奪われ、思考まで奪われかねない

僕らは無意識に時間を奪い取られていないか。 テレビ、ネット、仕事、日常の雑事。。 …

no image
2月中旬  寒い日々が続く  子孫を残さない男の憂鬱(ゆううつ)

Contents1 2月も半ばを過ぎて2 子孫を残す予定がないから、本質的に人生 …

no image
高度成長世代の人生の過ごし方を思う

生きるとは何だろうか。 時々、ふとそんなことを考えている。 以前聞いたことのある …

no image
今夜の放出

  極寒の2月の夜にふと、「あぁ、もうこんなに時が経ってしまったのかぁ …

no image
新聞配達を辞めようかと、もう1人の自分が言って来る。

  辞めて、一年くらい無職になろうかなと、最近思いはじめました。 あ、 …

no image
キモメン&オッサン化してきている

順調であるのだ、と言える。     正しい老化の道を歩んでい …

no image
就活とかで失敗しても自殺だけはやめよう。せめてフリーターになって適当に生きよう。

時々、ニュースなどで就活がうまくいかず欝になったり自殺したりするということを聞く …