生き心地の良い人生に

*

「人生の短さについて」 (セネカ著) を10ページくらい読んで。

      2018/10/18

セネカは2000年くらい前の人です。

その人がこんなことを言っています。

われわれは短い時間をもっているのではなく、実はその多くを浪費しているのである。...

われわれは短い人生を受けているのではなく、それを短くしているのである(P10)

僕たちは今、約80年の時間を与えられています。

しかし、20歳前後から60歳前後まで労働をするよう奨励されています。

特に人生の充実期である20~40代に課される労働量は大変多いと聞きます。

そして、実際に多い。

都心を中心に、早朝から深夜まで労働することが当然となっている人々も存在します。

なぜ彼らはそんなにまでして働くのでしょうか。           

人生は使い方を知れば長い。だが世の中には飽くことを知らない貪欲に捕らわれている者もある…他人の意見に絶えず左右されて野心に引きずられて、疲れ果てている者もあれば、商売でしゃにむに儲けたい一心から、国という国、海という海の至るところを利欲の夢に駆り立てられている者もある。(P10)

また、一度正社員を降りると生活水準が大幅に下降するため仕方なくしがみついている人々や、フルタイムでなければ満足に生活もできない非正規社員もいるでしょう。

 

定年まで自分のやりたいことを我慢する人生。

20歳~65歳まで忍耐と屈従の日々を歩む道を選択している人も多数存在しているでしょう。

多数の人々が次のように言うのを聞くことがあろう。

「私は五十歳から暇な生活に退こう。六十歳になれば公務から解放されるだろう。」

では、おたずねしたいが、君は長生きする保証でも得ているのか。

君の計画通りに事が運ぶのを一体誰が許してくれるのか。

生きることを止める土壇場になって、生きることを始めるのでは、時すでに遅し、ではないか。(P15)

 

耳の痛い言葉ですね。

やはり日々の中で、やりたいと思っていることを少しでも取り入れていくのが良いと思います。

やりたいことがなくても、せめて「自分の」時間を捻出する。

可処分時間と言い換えてもよいかもしれません。

日本人は、普通に生きているだけで仕事と子育てで人生の大半の時間を費やします。

そういうシステムなのです。自分の時間は60歳からやってきます。

現在僕は31歳。ついつい、お金の為に自分の時間を犠牲にしてしまいますが、自分の時間の確保も大事にしていきたいと思っています。

31歳の1日は、もう永遠に戻ることはないのですから。

IMG_0668IMG_0670

 


 - 考えたこと、思ったこと, 読書 , ,

ad pc

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

no image
ある朝、出勤してみると、直属の上司が一匹の巨大な黒虫に変わっているのを発見した

私はカフカの「変身」の最初の一行をたまに音読する。 「ある朝、グレーゴル・ザムザ …

no image
女性の性欲ーセックスボランティアを読んでー

女性にも性欲がある 上記の表現を書いたとき、なんとなく違和感を感じた。 男性にも …

no image
半ニートやニートの体力~働くには体力の向上が必要です~

働かないと体力が落ちてしまうのではないか? これが、僕が半年もの間、一日3時間以 …

no image
道を歩けば

いつの間にか、時は僕を追い越して どんどん離れていく。 僕はそれについていけない …

no image
僕は就職できなかった28歳の敗残兵である。

数年前、僕には新卒で就職できる機会があった。 でも、僕は結果的にそのチャンスを生 …

no image
人生に何も目的がないなら、1万円台のアパートを借りて1年で100万円貯めよう。

不況と言われる世の中である。 のほほんな大学生活ははるか昔。 今や正社員になるた …

no image
たぶん僕は1人で時間をやり過ごす才能が少しある

  うすうす気づいていたんだけど   たぶん僕は独りで時間を …

no image
3畳部屋に籠(こ)もる

  僕のアパート部屋の間取りは2Kで、それは2つの部屋と台所部屋と風呂 …

no image
ふと気がつくと、僕は28歳になっていた。

ふと気がつくと、僕は28歳になっていた。 記憶を辿って自分が何をしてきたのかを反 …

no image
小さなことを積み重ねていく

  何かをやりたいとか、達成したいと思ったときは   まずは …