生き心地の良い人生に

*

蠅の王

   

大学の授業で、理想の社会のありかたみたいなのを学んでいるが、その材料として数々の文学を読み込んでいる。今回はそれを紹介しようと思う。
かなりタイムリーというか、ほんの数分前に読み終わったのが、「蠅の王」である。
ゴールディングというイギリスの作家が書いたものだ。
近未来に飛行機が墜落して生き残った少年たちが無人島で暮らす物語である。
最初はうまく協力しあっていたが、時が経つにつれて人間の内面に存在する邪悪なものが現れ始め、恐ろしい状態になるといった感じだ。
人間の暴力性についての描写が圧倒的にうまくーまるで映画を観ているかのごとくー文章にひきこまれる。島の地形や自然の描写も細かく、語彙力の豊富さが際立っている。よくあんな表現が脳みそから浮かんでくるなぁ!と思う。
人間というのは極限状態に置かれた時には正常な判断が難しくなるのかな、と感じた。特に子供というのは残酷である。
少し話が逸れるが、近頃メディアで騒がれている「いじめ」もこの残酷性の際立ったものなのかもしれない。
蠅の王 (1978年)


 - 未分類

ad pc

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

no image
闇夜とともに

闇深い静寂に見守られながら 誰かの寝息に囲まれながら あいつはこっそりドアを開け …

no image
東北と、九州。 住みやすいのはどっち?

東北と九州。 僕はこの、日本の北と南を代表する両地域に住んだ事がある。 山形県で …

no image
心中ベースでの結婚

やばい、なんか今一瞬結婚したいって思った。 なんでだろう。 だれか俺と心中ベース …

no image
世界放浪の凍結と新タイトルの決定

2010年、旅に出る。 2009年初頭に意気込んではみたものの 2009年中盤、 …

no image
いい日

今日は、今のところまぁまぁいい日。 朝7時前に起きて 音読をして 鍋にちゃんぽん …

no image
今日もまた日が暮れてしまうような時間になった

今日もまた気づいたら、午後の夕暮れ時になった。 時の過ぎるのは早いもので、午前中 …

no image

今日は土曜日で時間があったので「カポーティ」という映画を観て来た。 カポーティと …

no image
独り舞台

朝、雪が降った。 雪の一片一片が アスファルトに 屋根に 車のボンネットに 当た …

no image
今日はそこそこ

世の中が、もっと単純だったらいいのに がんばったらがんばったで、時々疲れる。 例 …

no image
脱法ハーブを吸った疑いのある弟が廃人になりかけている

この記事を書こうか書くまいか迷ったが、一つの事例としてこの文章を読んだ人が薬物を …