生き心地の良い人生に

*

人間界は疲れるときがある

   

 

 

人間が近くにいると、時々疲れてしまうことがある。

二人の人間がいるとして

一方が特に悪気なく行動したことでも、もう一方の人間にとって少し癇(かん)に障(さわ)ったり、不快に感じられることが発生したりする。

 

僕が何気なくやっていることでも誰かの癇に障っていることもあるだろう。

 

これは人間が近くにいる限り、仕様がない事なのかもしれない。

 

そこらへんをうまく受け止めて流していけたら、生きやすくなっていくだろうと思う。

 

 
スポンサーリンク


 - 日常生活の出来事

ad pc

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

no image
満月の中、バイクで道路を走る

    朝、ドアを開けると庭の角にうっすらと白い光が差し込ん …

no image
180213 11時39分起床 気温の低さで2度寝にあらがえない男

  昨夜は3時前に寝る。 すぐにぐっすり。   目を覚ました …

170813 備忘 半田屋で中糖質食

  早朝、小雨。 洗濯物を乾かすのに難儀する日々である。   長時間寝たためか体 …

no image
180302 10時57分起床 風が強い

  昨夜は3時過ぎに寝る。 風の音が止まない。   起きたの …

no image
ここ最近、腑抜け(ふぬけ)になる

  奨学金を返した事実が、働く意欲を減退させています。   …

no image
暑い

暑いですね。   外に出て太陽の光を浴びるたびに体力が1ポイントづつ消 …

no image
目標を立てても、それを達成する気力が衰退している

    以前よりも踏ん張りが効かなくなった。   …

no image
2月3日 雑感

早朝の配達   晴れていたので、楽にこなしました。   2時 …

no image
母との食事。山登りと弟の処遇について

    夜、電話がかかってくる。   PHSのモニ …

no image
半徹夜、パンク修理するも直らず。

先日は、またも半徹夜をした。 今回は徹夜せざるを得なかったかなと思う。 というの …