生き心地の良い人生に

*

就活とかで失敗しても自殺だけはやめよう。せめてフリーターになって適当に生きよう。

   

時々、ニュースなどで就活がうまくいかず欝になったり自殺したりするということを聞く。
私はこう思う。
「それはやめよう。」
私は就活で鬱になる気持ちがわからないでもない。
実をいうと私自身も6年前くらいに就活をしていたからだ。
親しい人達は軽々と内定をゲットしていく中で自分だけが全く決まらない。
少しづつ、じわじわと自分に自信がなくなっていく。
自分に価値がないように思うようになる(思わされていく)。
あまり人に会いたくなくなる。
就活のことを聞かれたくない。
就活で失敗して、失うものは多いのかもしれない。
それでも、オプションを残しておこう。
フリーターでも30歳までは生きれるのではないか?
少なからず貯金すれば40歳まで生きれるのではないか?
50歳でも60歳でも実は働く場所はあるんじゃないか?
50年前の日本人は60代で大勢が寿命を迎えていた。
なら60歳まで生きれればひとまずOKじゃないか。
そう考えて、自殺だけはやめておこう。
アメリカの港湾労働者だったエリックホッファーは自分の寿命は40歳だと思い20代を過ごした。それも、1年後の身分の保証もわからない日雇い労働者としてだ。ホッファーは言う。「自分の寿命が40歳だと知っていると20代後半で残りは後10年ちょっと。悲観と言う言葉は生理的に不可能だ。」
私自身、アラサーのフリーターだが貯金すれば適当に生きていける。
結婚できないかもしれないけど、それは仕方ないのである。生きていればそれでいいではないか。
どうしても結婚したければ、内田百間氏のお嫁さんのように2畳に2人で住めるくらい忍耐強いおしんのような女性を探し回りましょう。
絶滅危惧種だとしても悪しからず。

エリック・ホッファー自伝―構想された真実
作品社
エリック ホッファー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by エリック・ホッファー自伝―構想された真実 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


 - 考えたこと、思ったこと

ad pc

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

no image
僕はもっと自由でいいんじゃないか。なぜなら僕はもう死んでいるから

  そんなことを思ったりしている。   僕は本当は、死んでい …

no image
だけどいつか過去になって

「できるだけ離れないでいたいと願うのは 出会う前の君に僕は絶対出会えないから」 …

no image
ブックカバーの行く末

本屋で新刊を買ったとき 「ブックカバーはおつけいたしますか?」 と聞かれることが …

no image
僕は就職できなかった28歳の敗残兵である。

数年前、僕には新卒で就職できる機会があった。 でも、僕は結果的にそのチャンスを生 …

no image
淡々と過ごす

  淡々と過ごす。淡々と生きる。   複雑さを増す社会状況。 …

no image
孤独は素晴らしい

部屋の中で一人、僕は生息している。 これを孤独というのだろうと思う。 孤独は素晴 …

no image
理想の生活

最近ずっとブログを更新していなかったけど、今から更新してみる。 今年の2月に大分 …

no image
半ニートやニートの体力~働くには体力の向上が必要です~

働かないと体力が落ちてしまうのではないか? これが、僕が半年もの間、一日3時間以 …

no image
無責任な若者

車もいらない。2階建ての豪華な家も欲しくない。彼女もいらないし結婚願望もない。子 …

no image
ふと気がつくと、僕は28歳になっていた。

ふと気がつくと、僕は28歳になっていた。 記憶を辿って自分が何をしてきたのかを反 …