生き心地の良い人生に

*

無責任な若者

   

車もいらない。2階建ての豪華な家も欲しくない。彼女もいらないし結婚願望もない。子供も欲しくない。
テレビは14型アナログ。来ている服はもう4,5年同じでレパートリーは2~3着。大学時代の僕を知る人に今会ったら、僕の少し老けた顔よりも着ている服に懐かしさを感じるかもしれない。
僕はそんな人間だ。
残念ながらそんな人間だ。
どうしてこんな人間になってしまったのか。僕はよくわからない。
分かっていることは、僕が「こんな人間」になる素質にあふれていた事だけだ。
27歳になったばかりの男がこんなことを言うと、ある人はこう言うかもしれない。
「君は本当につまらない人間だよ。人生楽しい?車や女に興味ないなんて人生終わってるよ。そんなんじゃ仕事だって身が入らないだろう。欲しい物や彼女(妻)がいるから頑張れるんだよ。今の君の考えじゃ、残りの人生は余生じゃないか。」
そして僕は実際にそう言われたのである。
では、僕が自分で自分の人生を毎日つまらないと思っているとしたら、実は違う。
けっこう楽しいし、充実しているのである。
というのは、
僕は
「独りの時間」を
「独りの夜」を
楽しめるのである。
言うなれば、
「孤独時間のファンタジスタ」
「時間の支配者」
である。
少し調子に乗った。
こんなことをなぜわざわざこのブログで書かなければいけないかというと
僕の27年間の人生で得た仮説の1つに
「少なからぬ人間は独りでいることに耐えられない」
というものがある。
僕が好きなBUMP OF CHICKEN の唄にこんなニュアンスの歌詞がある。
「大人になって、心は強くならないまま、耐え切れない夜が多くなった」
上の歌詞にもあるように、どうやら世の中には独りで夜を耐えられない人々が多く居るようなのである。
だから、僕は今ここでこんなことを言ってみる。
僕は夜独りでも耐えられるし、数年間それを続けているし、こんな人間も世の中には存在してしまっているんだよ。
と。
でも、病気になったら部屋で独り床でのたうち回って、人知れずこの世にバイバイしちゃう危険もあるよ。
と。
車も要らない、結婚願望もない。消費をしない。
そんな僕の「余生」の夢は
僕を拘束する仕事にサヨナラして
バックパック1つに玄関のドアを開け
少し笑ったような顔で
自転車を漕ぎ始めること。
こんな無責任な若者がここにいます。


 - 考えたこと、思ったこと

ad pc

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

no image
ふと気がつくと、僕は28歳になっていた。

ふと気がつくと、僕は28歳になっていた。 記憶を辿って自分が何をしてきたのかを反 …

no image
ネットに時間を奪われ、思考まで奪われかねない

僕らは無意識に時間を奪い取られていないか。 テレビ、ネット、仕事、日常の雑事。。 …

no image
「誰かのために役に立ちたい」と強く思うことがない

  「誰かのために役に立ちたい。」   時々、世の中の人々か …

no image
孤独は素晴らしい

部屋の中で一人、僕は生息している。 これを孤独というのだろうと思う。 孤独は素晴 …

no image
日々の中で、やりたいことはやっておく

一日というのは、やはり否応なく過ぎていくものである。 小学校の頃、一日は長かった …

no image
おかあさん

おかあさん。 僕の為に働いてくれてありがとう。 でも僕、おかあさんと一緒にごはん …

no image
疲れたら、休むのがいいさ

疲れたら、休む。 この当たり前の事を実行できている人は意外に少ないのではないのだ …

「人生の短さについて」 (セネカ著) を10ページくらい読んで。

セネカは2000年くらい前の人です。 その人がこんなことを言っています。 われわ …

no image
今夜の放出

  極寒の2月の夜にふと、「あぁ、もうこんなに時が経ってしまったのかぁ …

no image
淡々と過ごす

  淡々と過ごす。淡々と生きる。   複雑さを増す社会状況。 …