生き心地の良い人生に

*

晴れ。夕立。鳥ムネ肉100g30円。

   

 

早朝、晴れている。晴れているのは素晴らしい。

 

ネットで偶然。昨日開店したベニマルのチラシ情報を見る。「どうせそんなに安くないだろう」と思ったけど、鳥ムネ肉が100g30円と印字されている。何回もその数字を見る。安くてびっくりする。たしか業務スーパーでも100g50円くらいだったような記憶がある。

 

早速買ってきてしまった。

20160826 106 20160826 108

 

これで10日は持つと思う。実験だ。

前に狭いところで育てられた鶏をみたけど、この鶏肉もそんな感じなんだろうか。でも原産地がタイや中国のサラダチキンよりも少しは信頼性がある気がした。

 

昼、諸作業。

 

その後、2時間くらい仮眠。

 

20時過ぎ、ギターを弾く。ミスチルのラララ、I’ll be。もっと弾きたかったけど上階の住民がいつもより早く帰宅したので途中で切り上げる。残念。

 

 

 

世界史。エジプトの文字は象形文字。表音・表意。3つに分けられる。

神聖文字(ヒエログリフ 石碑など)

神官文字(文学など)

民刊文字(いつも使う系)

 

東地中海のこと。

アラム人・・・内陸貿易

フェニキア人・・・フェニキア文字は

 

 

カレーニナ。将校達による競馬がスタートした。ブロンスキーの馬の名前はフルー・フルー。ブロンスキーは上位につける。溝、水溜りなど障害物がある。終盤、マホーチンとの一騎打ちになるが、最後一歩リードで「勝負あり」と思われたところで、ブロンスキーがなんでもない溝に油断し落馬。マホーチンの馬が通り過ぎたと思うと背中が遠のいていく。フルー・フルーは骨折し、土に身を横たえて啼いている。この上等な馬は「処理」される運命となる。彼自身は無事だったがブロンスキーは自分がしでかした事態に強く落胆する。集まってくる聴衆に目を合わすこともなく引き揚げていく。

アンナの夫であるカレーニン。彼はもはやアンナに何も言えない。アンナがブロンスキーと関係を持っていることも承知しているが見ないフリをする。

 

大地。阿蘭(オラン)は王龍の妻である。ある日、阿蘭が王龍に「お話があります」と部屋に来る。どうやら長男が内庭に通っているらしいと報告。内庭には王龍の愛人がいるが、阿蘭はめったに近づくこともないし愛人に関して話をすることもなかった。王龍はその話を信じない。阿蘭が嫉妬しているんだろうと決め付ける。しかし後日、昼にいつもどおり畑に行くフリをして、内庭に行ってみると愛人と長男が一緒にいたのである。王龍は怒りに燃えて竹で二人を滅多打ちにする。思春期の長男を南の地方へ住まわせることに決める。

 


 - 日常生活の出来事

ad pc

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

no image
備忘 161004

  早朝、コーヒーを飲んだ。 久しぶりにバターを入れた。 このバターは …

no image
今日もなんとなく生きた

今日もなんとなく生きた。   今から寝る予定だ。   いつも …

no image
180228 11時起床 日中寝てしまう

  昨夜は3時過ぎに寝る。 30分以内に眠りに。   目が覚 …

no image
ネットワーク、本の自炊、働き方革命を読んだこと

また今日が終わっていく。 一日がどことなく無為に過ぎようとしている。 今日は朝か …

no image
パンク修理を完了する

  昨日から今日の朝にかけて、起きていた。   午前中は数時 …

no image
満月の中、バイクで道路を走る

    朝、ドアを開けると庭の角にうっすらと白い光が差し込ん …

180214 10時35分起床   おひとりさまのセルフチョコ

  昨夜は2時前に寝る。 苦労なく眠りの世界へ。   10時 …

no image
180202 10時5分起床 気温高め 軟禁されていた青年

  先日は24時30分過ぎに床につく。   ぐっすりとした眠 …

no image
普通の1日。歯医者に行く。

  ちょっと、「歯医者の予約のような義務感」について細かいことを書いた …

大豆のグラノーラを食べた

  今日の朝は大豆のグラノーらを食べた。   けっこうおいしかった。  …