生き心地の良い人生に

*

2月中旬  寒い日々が続く  子孫を残さない男の憂鬱(ゆううつ)

   

Pocket

2月も半ばを過ぎて

まだまだ寒い日が続きますね。

 

それでも日中は5℃を超えるくらいの暖かさに戻ってきました。

 

もうひと踏ん張りで、3月の10℃を超える日々がやってくる予感がしています。

 

子孫を残す予定がないから、本質的に人生は余生だし、いつこの世から消え去ってもいい身分

 

朝の時間はとてもよく頭が働くので配達中は何かしら物事を考えています。

 

最近は、生物の循環的な意味では「僕はもう人生での役割はないよなー」とふと頭に浮かびます。

 

僕は恐らく家庭を持たないだろうし、子孫も残さないだろうと予測されるので

 

特にやることがないのです。役割がないのです。

 

そのことを思うと、一時的にサクッとした虚無感に襲われていつ生命がなくなってもいい身分だよなぁという結論に達してしまうのです。

 

何かの読み物でアフリカの部族が

 

「俺はもう子供を持っているから何時でも死ねる。でもお前は独身だからまだ死ねない」

 

と言っていたという文章を目にしたことがあります。

 

この部族の方は「生物としての役割を終えていないから死んではならない」という考えだろうと思います。

 

でも僕の考えは「生物としての役割を負うことができないから死んでいい」ということなのだろうと思います。

 

 

それでもまだ趣味的にやりたいことがあるから、死ぬのも怖いから生き続けるのだろう

 

生物としての役割を負うことは出来なくても、人生でやってみたいことはあります。

 

あてもなく旅に出てみたり、もう少し物語にささやかな慧眼を得たり、頭の中にある快楽を引き続き味わい続けていくことは、現在を続けていく希望にはなっています。

 

それにまだ、僕は死にたくはないです。

 

自分の芯の内に問いただしてみても、死に対して積極的な態度は発見できません。

 

人は時々外的な強制力によって死の淵に引きずり込まれてしまいますが、それを別にすれば

 

今後それほど浅くない虚無感に襲われることは予想できるけれども、生きることを続けていきたいと考えています。

 - 日常生活の出来事, 考えたこと、思ったこと , ,

ad pc

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


  関連記事

no image
人生は有限性があるから、いい

  そんな感じがしてきました。 どんな人も有限です。 今どんなに調子に …

no image
180219 7時50分起床 唐突に早起き

  昨夜は23時台に寝る。1時間ぐらい眠られず。   目を覚 …

no image
極寒の日々

  ここ数日、日本列島が冷蔵庫のような寒さに覆われている。 &nbsp …

no image
怒られたこと

今日、仕事に行った途端に怒られた。 僕の挨拶の声が小さいのでもっと大きくしてほし …

no image
冬の光熱費について

ちょっと 雪国日本海側、古民家暮らしの光熱費が紹介されていたこともあるので。 & …

no image
この世に存在するということ

今日は朝から雨が降り続いている。 気温も10度近く下がって、部屋の中でも靴下を2 …

no image
底辺なのに人生に絶望しない理由

僕は年収200万前後だし独身で底辺労働者なのだが、人生にあまり絶望していない気が …

no image
淡々と過ごす

  淡々と過ごす。淡々と生きる。   複雑さを増す社会状況。 …

no image
171211

  今日もゆっくりと起きだした。   日が昇ってからだいぶ時 …

no image
170219 今日は寝て寝て 生存しているだけで良い

  もうね、今日はずーっと寝てるだけです。     …