生き心地の良い人生に

*

2月中旬  寒い日々が続く  子孫を残さない男の憂鬱(ゆううつ)

   

2月も半ばを過ぎて

まだまだ寒い日が続きますね。

 

それでも日中は5℃を超えるくらいの暖かさに戻ってきました。

 

もうひと踏ん張りで、3月の10℃を超える日々がやってくる予感がしています。

 

子孫を残す予定がないから、本質的に人生は余生だし、いつこの世から消え去ってもいい身分

 

朝の時間はとてもよく頭が働くので配達中は何かしら物事を考えています。

 

最近は、生物の循環的な意味では「僕はもう人生での役割はないよなー」とふと頭に浮かびます。

 

僕は恐らく家庭を持たないだろうし、子孫も残さないだろうと予測されるので

 

特にやることがないのです。役割がないのです。

 

そのことを思うと、一時的にサクッとした虚無感に襲われていつ生命がなくなってもいい身分だよなぁという結論に達してしまうのです。

 

何かの読み物でアフリカの部族が

 

「俺はもう子供を持っているから何時でも死ねる。でもお前は独身だからまだ死ねない」

 

と言っていたという文章を目にしたことがあります。

 

この部族の方は「生物としての役割を終えていないから死んではならない」という考えだろうと思います。

 

でも僕の考えは「生物としての役割を負うことができないから死んでいい」ということなのだろうと思います。

 

 

それでもまだ趣味的にやりたいことがあるから、死ぬのも怖いから生き続けるのだろう

 

生物としての役割を負うことは出来なくても、人生でやってみたいことはあります。

 

あてもなく旅に出てみたり、もう少し物語にささやかな慧眼を得たり、頭の中にある快楽を引き続き味わい続けていくことは、現在を続けていく希望にはなっています。

 

それにまだ、僕は死にたくはないです。

 

自分の芯の内に問いただしてみても、死に対して積極的な態度は発見できません。

 

人は時々外的な強制力によって死の淵に引きずり込まれてしまいますが、それを別にすれば

 

今後それほど浅くない虚無感に襲われることは予想できるけれども、生きることを続けていきたいと考えています。


 - 日常生活の出来事, 考えたこと、思ったこと , ,

ad pc

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

170228 愛子さまが心配  ちょっとがんばる

  なんか、   愛子さまという15歳の方がとってもお痩せに …

no image
2011年12月12日にしたこと

今日したこと ①午前9時ごろ起きた ②昼ご飯を食べた(玄米、大根の黄色い漬物、ほ …

no image
ちょっぴり奔放に生きてみる

最近はあまり節約しなくなっている。 食べたいものを食べている。 うどん屋でうどん …

no image
170304 それなりにこなす

  天気は晴れ。    そんなに寒くない。   早 …

no image
170808 部屋ごもりで何もせず

  今日はずっと雨。   お部屋に缶詰です。   …

no image
孤独は素晴らしい

部屋の中で一人、僕は生息している。 これを孤独というのだろうと思う。 孤独は素晴 …

no image
171211

  今日もゆっくりと起きだした。   日が昇ってからだいぶ時 …

no image
今日も普通に過ごしました。 亜硝酸NAという添加物

    今日は午前中はネット売りの作業をしてました。 &nb …

no image
モンスターを買う。70円のおでん。散財考察。

台風は過ぎ去った。    早朝、モンスターという200円越えの飲料を買 …

no image
2016年4月26日

  この日は天気がよく、3畳部屋の窓と玄関ドアを長い時間空けて部屋の空 …