生き心地の良い人生に

*

自分のなかにアンダルシア人的性質を取り入れる

   

 

おもしろい記事がありました。

 

ラ・リーガ史上最高の日本人選手。乾貴士はどのクラブを選ぶのか?

 

これは僕がよく読んでいるサッカージャーナリストの小宮良之さんが、スペインリーグの乾選手について書いた記事です。

 

いつもどおり読み進めていたら、次の文章に行き当たり、なんだか胸が軽くなるような気がしました。

 

アンダルシア人は人生そのものを壮大な遊びとして捉えている。彼らは勤勉さや忠誠心や義侠心にまったく重きを置いてない。その場を楽しむ。徹底的にそこを追求している。

 そう書くと、理想郷のように聞こえるかも知れないが、怠惰なキャラクターがあって、失業率は30%を超える。

「チームの部品の一つとして機能し、その身を捧げ、犠牲を払ってでも集団のために勝利を」。そうした労働精神を、アンダルシア人は笑い飛ばす。

 真面目な日本人は、少々面食らうところがある。

 

アンダルシア人の人生観について書かれています。

 

アンダルシアってどこなのか調べてみました。

 


 

 

スペインの下端にあるようですね。

 

 

 

文章の中で特に「人生を壮大な遊びとして捉えている」という箇所が心に迫ってきました。

 

そうか、人生って遊びみたいなもんだし、たった一回の実験なんだよな。

うまくいかなくて思いつめることもあるけど

 

まぁいいじゃない、それも。

 

ゼハハハハハハハ

 

 

アンダルシア人的性質。 

これを自分のなかに10%くらい取り入れることによって、

 

わりと心地よく生きられる気がします。

 

 

スポンサーリンク

 


 - 生き方, 考えたこと、思ったこと ,

ad pc

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

no image
ビートルズのGET BACKは難しいね。

ビートルズのGet backは難しかった。 もちろん、はじめて練習したわけだから …

no image
人生は有限性があるから、いい

  そんな感じがしてきました。 どんな人も有限です。 今どんなに調子に …

no image
僕は就職できなかった28歳の敗残兵である。

数年前、僕には新卒で就職できる機会があった。 でも、僕は結果的にそのチャンスを生 …

no image
なんと、赤犬と青雉が戦っていた。ぽぇー

早朝のコンビニでジャンプを立ち読みしたら驚いた。 ワンピースで赤犬と青雉が激突し …

no image
無責任な若者

車もいらない。2階建ての豪華な家も欲しくない。彼女もいらないし結婚願望もない。子 …

no image
楽観的に生きることの幸福コスパは

  楽観的に生きられると良いのではないかと思います。   この時代、だいたい生き …

no image
小さなことを積み重ねていく

  何かをやりたいとか、達成したいと思ったときは   まずは …

no image
ふと気がつくと、僕は28歳になっていた。

ふと気がつくと、僕は28歳になっていた。 記憶を辿って自分が何をしてきたのかを反 …

no image
自分が好きなことを損なわれないようにする

  自分が関心のあること、自分が好きなことを   誰かに損な …

no image
就活とかで失敗しても自殺だけはやめよう。せめてフリーターになって適当に生きよう。

時々、ニュースなどで就活がうまくいかず欝になったり自殺したりするということを聞く …