生き心地の良い人生に

*

自分のなかにアンダルシア人的性質を取り入れる

   

 

おもしろい記事がありました。

 

ラ・リーガ史上最高の日本人選手。乾貴士はどのクラブを選ぶのか?

 

これは僕がよく読んでいるサッカージャーナリストの小宮良之さんが、スペインリーグの乾選手について書いた記事です。

 

いつもどおり読み進めていたら、次の文章に行き当たり、なんだか胸が軽くなるような気がしました。

 

アンダルシア人は人生そのものを壮大な遊びとして捉えている。彼らは勤勉さや忠誠心や義侠心にまったく重きを置いてない。その場を楽しむ。徹底的にそこを追求している。

 そう書くと、理想郷のように聞こえるかも知れないが、怠惰なキャラクターがあって、失業率は30%を超える。

「チームの部品の一つとして機能し、その身を捧げ、犠牲を払ってでも集団のために勝利を」。そうした労働精神を、アンダルシア人は笑い飛ばす。

 真面目な日本人は、少々面食らうところがある。

 

アンダルシア人の人生観について書かれています。

 

アンダルシアってどこなのか調べてみました。

 


 

 

スペインの下端にあるようですね。

 

 

 

文章の中で特に「人生を壮大な遊びとして捉えている」という箇所が心に迫ってきました。

 

そうか、人生って遊びみたいなもんだし、たった一回の実験なんだよな。

うまくいかなくて思いつめることもあるけど

 

まぁいいじゃない、それも。

 

ゼハハハハハハハ

 

 

アンダルシア人的性質。 

これを自分のなかに10%くらい取り入れることによって、

 

わりと心地よく生きられる気がします。

 

 

[ad#co-1]
 


 - 生き方, 考えたこと、思ったこと ,

ad pc

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

no image
気温差で疲れる気がする

  極寒の日々が続きますね。   外気温と室内気温の差があり …

no image
ネットに時間を奪われ、思考まで奪われかねない

僕らは無意識に時間を奪い取られていないか。 テレビ、ネット、仕事、日常の雑事。。 …

no image
底辺なのに人生に絶望しない理由

僕は年収200万前後だし独身で底辺労働者なのだが、人生にあまり絶望していない気が …

no image
ある朝、出勤してみると、直属の上司が一匹の巨大な黒虫に変わっているのを発見した

私はカフカの「変身」の最初の一行をたまに音読する。 「ある朝、グレーゴル・ザムザ …

no image
日々の中で、やりたいことはやっておく

一日というのは、やはり否応なく過ぎていくものである。 小学校の頃、一日は長かった …

no image
20171208 寒くなっている 毎日をこなすこと

  12月になってから日に日に寒くなっている。 幸いなことに、雨も降ら …

「闇の中に光を見出す」を読んで~貧困になる背景~①社会保障の穴

闇の中に光を見出す(清水 康之 , 湯浅 誠 ) を読んでみました。 日本の社会 …

no image
たぶん僕は1人で時間をやり過ごす才能が少しある

  うすうす気づいていたんだけど   たぶん僕は独りで時間を …

no image
寒さ。時流。変化。

冬だから当然なのだが、寒い。 青い空はけっこうだが、それが冷気を伴っていれば閉口 …

no image
さよなら2009年

2009年も終わりですね。 明日からは2010年。 個人的には、マジで頑張るべき …