生き心地の良い人生に

*

自分のなかにアンダルシア人的性質を取り入れる

   

 

おもしろい記事がありました。

 

ラ・リーガ史上最高の日本人選手。乾貴士はどのクラブを選ぶのか?

 

これは僕がよく読んでいるサッカージャーナリストの小宮良之さんが、スペインリーグの乾選手について書いた記事です。

 

いつもどおり読み進めていたら、次の文章に行き当たり、なんだか胸が軽くなるような気がしました。

 

アンダルシア人は人生そのものを壮大な遊びとして捉えている。彼らは勤勉さや忠誠心や義侠心にまったく重きを置いてない。その場を楽しむ。徹底的にそこを追求している。

 そう書くと、理想郷のように聞こえるかも知れないが、怠惰なキャラクターがあって、失業率は30%を超える。

「チームの部品の一つとして機能し、その身を捧げ、犠牲を払ってでも集団のために勝利を」。そうした労働精神を、アンダルシア人は笑い飛ばす。

 真面目な日本人は、少々面食らうところがある。

 

アンダルシア人の人生観について書かれています。

 

アンダルシアってどこなのか調べてみました。

 


 

 

スペインの下端にあるようですね。

 

 

 

文章の中で特に「人生を壮大な遊びとして捉えている」という箇所が心に迫ってきました。

 

そうか、人生って遊びみたいなもんだし、たった一回の実験なんだよな。

うまくいかなくて思いつめることもあるけど

 

まぁいいじゃない、それも。

 

ゼハハハハハハハ

 

 

アンダルシア人的性質。 

これを自分のなかに10%くらい取り入れることによって、

 

わりと心地よく生きられる気がします。

 

 

スポンサーリンク

 


 - 生き方, 考えたこと、思ったこと ,

ad pc

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

no image
経済的に自立しながら、自分の時間を確保するギリギリの生き方が、今の僕かなと思う

    僕には職歴がない。   職歴を積み上げてい …

no image
僕はもっと自由でいいんじゃないか。なぜなら僕はもう死んでいるから

  そんなことを思ったりしている。   僕は本当は、死んでい …

no image
知り合いが誰もいない街でも平気で暮らせる性格

    30年以上僕という人間を見てきて少しわかったことがあ …

no image
高度成長世代の人生の過ごし方を思う

生きるとは何だろうか。 時々、ふとそんなことを考えている。 以前聞いたことのある …

no image
道を歩けば

いつの間にか、時は僕を追い越して どんどん離れていく。 僕はそれについていけない …

no image
「誰かのために役に立ちたい」と強く思うことがない

  「誰かのために役に立ちたい。」   時々、世の中の人々か …

no image
ドストエフスキーも自慰行為をしていたのだろうか

想像力を働かせたら ドストエフスキーが極寒のサンクトペテルブルグで 背中を折り曲 …

労働はつらい

労働はつらいものだと思う。   労働はつまらないものだと思う。 &nb …

no image
さよなら2009年

2009年も終わりですね。 明日からは2010年。 個人的には、マジで頑張るべき …

no image
疲れたら、休むのがいいさ

疲れたら、休む。 この当たり前の事を実行できている人は意外に少ないのではないのだ …