生き心地の良い人生に

*

理想の生活

   

最近ずっとブログを更新していなかったけど、今から更新してみる。
今年の2月に大分県から宮城県の仙台市に引っ越してきて、もう半年以上経過した。
3月に新聞配達と家電配送&取り付けの仕事に就いたわけだけど、後者の仕事は5月の末に辞めてしまった。
6月はW杯を観てのんびり過ごした。
7月は早朝清掃の仕事を始めた。
9月の初めからは近くのスーパーで週2回くらい働き始めた。(夜2,3時間くらい)
一日の労働時間は5~8時間くらいで、睡眠時間が4~6時間くらい。あとはネットを観たり勉強したりしている。
そして思う。この生活は僕の理想だなぁと。
ちょっと前までは一日10時間以上は何かしら働いていたわけで、それなりに充実感みたいなものはあった。
でもそれと同時に決定的に足りないものもあったわけだ。
それはつまり、勉強時間とか読書時間だったりする。
今僕は英語とか中国語を一日30~2時間くらい音読したり、リスニングにあわせて小声でしゃべったりしている。
あと、ロシア語、ベトナム語、韓国語をそれぞれ5分くらい音読してる。
これはもう人生のライフワーク的なものになってる。やらないとなんか不安になってくるレベルで。
あと、小説も一日30分くらいは読んでる。
ここ一週間くらいはC言語っていうプログラミング言語もちょっと本とか読んでる。(興味が出てきてる)
やっぱり一日8時間以上自分の時間があるとすごい幸福感が上がる気がする。
そんでもって、僕ってやっぱり一人で時間を過ごせちゃう人間なんだなぁって思う。
だから僕の当面の課題は、如何にしてこういう生活を早期に可能にするかということ。
300万くらいの家を買えば、たぶん可能かなと思う。
だから、がんばろうと思う。


 - 考えたこと、思ったこと

ad pc

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

no image
道を歩けば

いつの間にか、時は僕を追い越して どんどん離れていく。 僕はそれについていけない …

no image
だけどいつか過去になって

「できるだけ離れないでいたいと願うのは 出会う前の君に僕は絶対出会えないから」 …

no image
2月中旬  寒い日々が続く  子孫を残さない男の憂鬱(ゆううつ)

Contents1 2月も半ばを過ぎて2 子孫を残す予定がないから、本質的に人生 …

no image
日々の中で、やりたいことはやっておく

一日というのは、やはり否応なく過ぎていくものである。 小学校の頃、一日は長かった …

no image
20代でバイトをたくさん経験しておいて良かったかもしれない

スポンサーリンク     ちょっと思ったんだけど、20代で僕 …

no image
ブックカバーの行く末

本屋で新刊を買ったとき 「ブックカバーはおつけいたしますか?」 と聞かれることが …

no image
半ニートやニートの体力~働くには体力の向上が必要です~

働かないと体力が落ちてしまうのではないか? これが、僕が半年もの間、一日3時間以 …

no image
就活とかで失敗しても自殺だけはやめよう。せめてフリーターになって適当に生きよう。

時々、ニュースなどで就活がうまくいかず欝になったり自殺したりするということを聞く …

no image
小さなことを積み重ねていく

  何かをやりたいとか、達成したいと思ったときは   まずは …

「闇の中に光を見出す」を読んで~貧困になる背景~①社会保障の穴

闇の中に光を見出す(清水 康之 , 湯浅 誠 ) を読んでみました。 日本の社会 …