生き心地の良い人生に

*

知り合いが誰もいない街でも平気で暮らせる性格

   

 

 

30年以上僕という人間を見てきて少しわかったことがある。

 

それは、僕がわりと独りで過ごしていても問題ない人間であるということだ。

 

誰も知り合いが居ない街でも、生活費さえあれば精神に支障をきたさずに暮らせる人間みたいなのである。

20歳で九州、27歳で東北。

いずれも、誰も知り合いが居ない街のアパートに引っ越した。

お気にいりの本やパソコン、ギター、コーヒーがあれば、特に問題ない気がした。どこの街だろうが、それらがあれば、することは同じだ。

 

「寂しい、人恋しい、誰かと喋りたい。。」

 

そういったことにさいなまれたり、思い悩むことがほとんどない。

 

こういう性格だと、人に頼み事をしたり、誘ったり、繋がったりできないから、

とても損だと思う。

 

ほんとうの意味で他者と信頼し合えたり(そういうものがあるとすれば)、共同作業をしてうまくいった成功体験が不足しているのだろうか。

 

仕事に関しても、「1人で完結する仕事」が長続きしている。

人間関係をおろそかにしていても、とやかく言われない仕事が合っている。

 

職場の人間関係にある種のコードが存在していて、それを守らないとたちまち迫害を受けるタイプの仕事は、僕にとっては攻略が難しいだろうと思われる。

 

 

そういう性格だから、人間生物としてやや弱い。

 

弱いけど、この性格や生き方が合っているからか、

なんとなくスッキリとした心持ちで日々を過ごせている。

 

今日は、こんなことを散文的に思った。

 

 

スポンサーリンク


 - 生き方

ad pc

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

no image
自分が落ち着ける(安心できる)何かを大事にすること

  1日の中で、自分がそれをやっている時に安心できるモノがあると   その日は納 …

no image
世間で正しいとされる生き方ができなくても、あまり気にしないほうがいいんじゃないか。

  世間から外れた生き方とされる状態がありますよね。   正 …

no image
楽観的に生きることの幸福コスパは

  楽観的に生きられると良いのではないかと思います。   この時代、だいたい生き …

no image
働かないで、お金がほしい。そして、ただ生きていきたい。

  働かないで、お金がほしいです。   つまり、何もしないけど、毎月口座にお金が …

no image
自分のなかにアンダルシア人的性質を取り入れる

  おもしろい記事がありました。   ラ・リーガ史上最高の日 …

no image
バイトで6万円稼いで2万円のアパートで暮らす選択肢

Contents1 女性はどうするか2 6万円バイトで稼いで2万円の家賃で暮らす …

no image
経済的に自立しながら、自分の時間を確保するギリギリの生き方が、今の僕かなと思う

    僕には職歴がない。   職歴を積み上げてい …

no image
大事なことは2割

  最近見た動画で、 「大事なことは2割で、8割はあんまり重要じゃない …

no image
たぶん僕は1人で時間をやり過ごす才能が少しある

  うすうす気づいていたんだけど   たぶん僕は独りで時間を …