生き心地の良い人生に

*

一日10分で4つの言葉を。 でも、それは人生のメインじゃなくあくまで脇役。

   

Pocket

「生きているうちにドストエフスキーの原作を読むことは可能なのだろうか」
2009年10月、「悪霊」を読み終えた僕はふとそんなことを思った。
「罪と罰」「カラマーゾフの兄弟」の読後感もすさまじいものだったが、「悪霊」もまた、彼らに引けをとらなかった。
そして、冒頭の一文が胸をかすめ始めたのである。
ドストエフスキーを原文で読みたい。。。
マジで。
ろしあ語で。
生きているうちに。出来るだけ早く。願わくば40歳、いや、35歳までには読み始めていたい。。。
そうと決まればやることは1つ。
11月上旬、私の机の書棚にはロシア語入門本(¥2,600)が大きな顔をして並んでいた。
一日5分~20分(それ以上やらない。最初はソフトに。持続が大事)の音読と書写。
12月 сласйбо(スパシィーバありがとう) あたりのレベルを超えてくる。
12月26日  第6章まで来た。 一日5分か10分でけっこういけることに気が付きつつある。
シベリア鉄道の車掌さんに話しかけてる姿がモチベーションの1つにもなってる。 
「自分の蝋燭に火を灯し続けるんだ。」と心の奥から聞こえてきた。
そして中国語。
これも11月から一日~15分で、今は「いつどこだれ」レベル。
帰ってきてすぐやる。だから負担に ならない。
あくまでも語学は脇役。メインは読書。
そして人生をどうにか楽しむこと。誰かの役に立つように自分を変えていくこと。
こんなに短い人生なのに、くよくよしてる暇はないはずなんだ。
でも、たまにはいいよ。人間だもの。
We’re all in the gutter   but some of us are looking at the stars.


罪と罰は、読みましたよ。
飲んだくれの親父に家主のクソばばーに心優しい売春婦。
蟹工戦も一度機会があれば読んでください。

 - 未分類

ad pc

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


  関連記事

no image
世界放浪の凍結と新タイトルの決定

2010年、旅に出る。 2009年初頭に意気込んではみたものの 2009年中盤、 …

no image
生き残ったあなたへ

3月11日。 大きな地震が来て その後の津波が私をさらっていきました。 今、私は …

no image
何も書けない

二連休の二日目の深夜に、何故この、長い間放って置かれたブログを再開したのか、自分 …

no image
土曜の朝と早起きした後の行動について

今日は6時過ぎに起床した。 休日の起床時間にしては早いのかもしれないが、平日には …

no image
心中ベースでの結婚

やばい、なんか今一瞬結婚したいって思った。 なんでだろう。 だれか俺と心中ベース …

no image
今日もまた日が暮れてしまうような時間になった

今日もまた気づいたら、午後の夕暮れ時になった。 時の過ぎるのは早いもので、午前中 …

no image
最近、 西日本  雑感。

実家である山形の鶴岡に帰ってきた。 束の間の休日。 僕はこれから宮城県の仙台市に …

no image
いい日

今日は、今のところまぁまぁいい日。 朝7時前に起きて 音読をして 鍋にちゃんぽん …

no image
蠅の王

大学の授業で、理想の社会のありかたみたいなのを学んでいるが、その材料として数々の …

no image
僕は女性のお尻が好きだ

僕がもし何フェチですか? と聞かれたら、こう答えるだろう。 「たぶん、先天的にお …