生き心地の良い人生に

*

少し強い地震を体験して感じたこと(宮城県仙台市にて)

   

平静な生活が続いている。
まるでこの生活がずっと続いていくかのように思える。
そんなふうにまったりと生きる僕に、人生は時々、シャレにならない脅かしを与えるみたいだ。
2011年3月9日午前11時45分ごろ、それはリハーサルもなくやってきた。(あるいはこれがリハーサルにならないことを祈る)
いわゆる、地震というものが起こった。
僕はビルの3階にいた。
目の前にはコンピュータのモニター。胃袋がうなり声を上げて食物をほしがり、それをうまくかわしながら、あえて時計にはめもくれずにキーボードを叩いていた。
ふいに、誰かが言った。
「あ、揺れてる。」
当初、その言葉の発音を認識はしたものの、まだうまく理解の領域には入っていかず、目の前の作業を惰性的に続けていた。
そんな2,3秒間の後だったと思う。
目の前のパソコンが、横に大きく、緩やかに揺れ始めた。
僕は反射的に顔を上げて、初めて周りの様子を確認した。
十数人の同僚達もほぼ「揺れ」に気づき、室内はいつの間にか静まり返っていた。
10秒ほど経っても揺れはおさまらなかった。
次の瞬間、僕はニュージーランドの地震で倒壊したビルのことを思った。
19歳かそこらで命を失わざるを得なかった人々のことを思った。
そして、もしかしたら自分も次の瞬間に起こりうる「大揺れ」によって天井に押しつぶされてしまうかもしれないと、少し予想した。
怖かった。
しばらくして、揺れが止まった。
みんな、安堵の表情を浮かべている。
いつの間にか、非常口の近くに移動している人もいる。
彼が少しひやかされている。みんな少し笑った。
でも、彼こそが大地震の準備ができていたのではないかと思う。
このビルは古く、耐震構造など期待できない。
一刻も早く外に出るのが助かる道だったかもしれないのだ。
インターネットで地震の情報が入った。
宮城県北部、震度5弱。震源地は岩手県沖数10キロ。
そして、マグニチュードは7.2.
「え? 地震の規模を示すマグニチュードが7.2?」
ニュージーランドの地震はたしか6台だったはず。
四川大地震は7.9だ。
あの四川大地震よりたった0.7しか違わないのかよ?
たぶん、これが仙台市の直下型であったなら、僕は人生を終えていたかもしれない。。。
今、僕は仕事を終えてスターバックスでコーヒーを飲んでいる。
そして思う。実感的に。
「たぶん、平静で退屈な日常など、吹けば飛ぶようなものだな。」
2011/03/9/ 20:10


 - 日常生活の出来事

ad pc

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

no image
2018年12月16日 晴れ 氷点下の寒さ

  今日は12月に入ってから一番寒かった。 温度計を外に配置してみたら …

no image
半徹夜後の寝たきり

    昨日は半ば徹夜に近いことをしてしまった。   徹夜で …

no image
170812 備忘 昼過ぎから寝てしまう

  早朝、雨。   雨がない時は少し雨を求めるが、それが日々 …

180306 12時2分起床 確定申告を終える

  確定申告を終えた。   長い、望まない旅路だった。 &n …

180317 12時ごろ起床 やや寒い

  昨夜は2時過ぎに寝る。なんだか気持ち悪くて眠られず。   …

no image
雑感 170213 だらだらしつつ

  前日、夜更かしした。1時半ごろに寝る。   11時半過ぎ …

no image
備忘 161004

  早朝、コーヒーを飲んだ。 久しぶりにバターを入れた。 このバターは …

20170211 雑感  夜、ちゃんと寝たい

この一週間ほど、夜の睡眠時間が短くなっている。 だいたい3~4時間かもしれない。 …

no image
170223 少し暖かくなる

Contents1 アンナ・カレーニナ。2 世界史。   今日は暖かか …

no image
昨日も生きた

  生きました。   ゆっくりとした睡眠でした。 窓から入っ …