生き心地の良い人生に

*

地震が起きたときのこと

      2017/03/11

 

2011年3月11日午後2時46分、大きな地震が起こった。

僕は宮城県仙台市青葉区のビル三階にいた。
揺れが始まったとき、「またかよ!」と思った。
二日前にも少し強い地震があったからだ。
その地震があったからしばらく来ないだろうと思っていた。

 

でも、その地震は「この」地震のリハーサルだったのだ。
誰かが少し張った声で「あ、強いかも」と言った。
そして、その言葉以上の揺れが来た。
部屋全体が左右に大きく揺れて、棚が崩れそうになった。
立っていた勇気ある人が、どこにも隠れずに必死でそれを抑えた。

僕はテーブルの下に隠れた。
音にもならない黒い音を響かせながら、部屋は揺れ続けた。
いつの間にか電気が消え、壁を見るとクロス越しにヒビが入っていた。

今から何秒後に死ぬのだろうと思った。
少し経って震度4ぐらいの揺れに落ち着いたと思って、テーブルの下から飛び出たら、また揺れが大きくなった。勘弁してくれよと思った。

全体で数分ぐらい揺れたろうか。
ようやく揺れが収まった。
ヘルメットを被り、急いで建物の外に出て近くの公園に避難した。

大勢の人がそこにはいた。
地震のショックで頭を抱えている人や泣いている人もいた。
情報を求めて携帯のワンセグでテレビを見た。

宮城県北部震度7だった。
「やはり大きい地震が来ていたのだ」と思った。
画面の下に出ている「津波警報」の赤文字が気になった。

いきなり「警報」はかなり大きい津波が来るということを示していた。
とりあえず、職場の人々はそれぞれ家に帰ると言うことになった。
僕はバイクの止めてある長町方面に向かって歩き出した。

母にメールで無事を知らせた。
道路は車で大渋滞で、歩道は人々で溢れ返っている。
病院から避難してきた人々は毛布に包まっていた。

コンビ二は真っ暗で行列ができていた。
落ちてきた外壁のせいでバス停が潰れていた。
生まれて初めて見る光景ばかりだった。

時刻は4時をとうに過ぎていた。
三月にしては大きい雪が空から舞い降り始めていた。


 - 日常生活の出来事

ad pc

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

no image
180309 11時45分起床

昨夜は2時頃に寝る。 ただ、しばらく寝られない。   起きたい時に猛烈 …

no image
180209 8時39分起床 少し暖かい

 スポンサーリンク     昨夜は1時過ぎに寝る。 &nbs …

no image
空っぽになる。

疲れた。 何もしていないのに疲れた。 いや、何かはしたのだ。 ネット見て 玄米を …

no image
170815 山間の温泉宿へ

  早朝、小雨というより普通に雨。 普通雨。 中雨。 過酷な労働に耐える日々が続 …

no image
今日も生活しました 160611

  今日はなんだか布団に横たわっているような一日でした。 エネルギーが …

no image
170306 久しぶりに日中はファンヒーターをつけなかった

  足元に湯たんぽ、その周りに安寝袋をくるんで足を入れる。 これで事足りた。寒さ …

no image
170804 備忘的な 中古ノートパソコンをポチる

  早朝、曇と見せかけた小雨が降る。 結局、終日ぐずついた天気だった。 …

no image
午前中寝て、買出し、読書、ギター、ふつうに残暑。

午前中、早くから食べてしまい就寝。 昼ごろからのそのそと活動を開始する。 朝、雨 …

no image
180228 11時起床 日中寝てしまう

  昨夜は3時過ぎに寝る。 30分以内に眠りに。   目が覚 …

no image
気温が高いので、寝て過ごす。

  ここ数日の仙台は気温が高い。   35℃を超えている日も …