生き心地の良い人生に

*

母との食事。山登りと弟の処遇について

   

 

 

夜、電話がかかってくる。

 

PHSのモニターには「母上」の文字。

 

「どこかでご飯食べない?」と言う。

 

「うん」と返す。

 

母の車で近くの食堂へ。

 

食事中の話題は「山登り」と「弟の処遇」について。

 

①山登り

 

母は定年後、山登りに夢中である。

 

東北の、聞いたこともないような山に度々行っている。

 

先日は湯ノ沢岳から母狩山まで縦走したそうである。

 

その途中、蛇に複数出会い、マムシもいたという。

 

蛇はやはり怖いもので、少し気持ち悪かったようだ。

少し北にある金峰山などは、蛇が多いことで知られ

 

先日、都会から来た人はそのせいで、わずか500mに満たないこの山を

 

途中で引き返したそうである。

 

 

私も複数回この山に登ったが、やはり蛇に出会ったことを思い出した。

 

 

さらに、一緒に登ったある村の人々の話によれば

 

湯殿山というのは「蛇の神様」がいるということで、

 

蛇がうじゃうじゃいるということだ。

 

 

②弟の処遇

 

弟を今後どうやって生かしていくかという、お決まりの話題になる。

 

今、弟は母の年金から6万円支給されてアパート暮らししている。

 

僕の意見としては二つだ。

生活保護を受けるか、路上に出すか。

 

母は「路上」には絶対反対のようだ。

それは見捨てることにもつながり、何をしでかすかわからない、と。

 

僕は、だからこそ、刑務所よりも生活保護のほうが国としては安価だよ、と伝える。

 

いまの状態では、母の支援が途絶えれば、遅かれ早かれ 路上か生保だよ、と。

 

 

弟は働くことが出来ない。

 

人との意思疎通がうまくできないので、職場でも適当に働いていけないようだ。

 

 

母は弟が発達障害ではないかと思っている。

 

以前、関わった自立支援NPOの方から指摘されたのだそうだ。

 

「弟さんは、働くより以前に、何か精神疾患、今の言葉でいえば発達障害かもしれないから一度専門機関に見てもらったほうがいいかもしれない」

 

と言われたそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 


 - 家族, 日常生活の出来事

ad pc

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

no image
170221 まだ冬だから寒いのは当たり前

  今日も引き続き寒かった。   「そうか、まだ2月の下旬なんだ。   寒いのが …

no image
雑感 20170131 ~寒くてきつい季節のたわごと~

  2017年も一ヶ月が経った。   冬真っ只中の1月という …

no image
青空と布団干し

  先日より、青空が広がっている。 それとリンクしたわけではないけど、 …

180311 11時8分起床 地震は忘れた頃に、いや、たぶんいつでもやってこないしやってくる

  そうか。今日は3月11日か。   あの地震、大きかったよ …

no image
2018年12月15日 くもり一時雪

  昼間、少し外出。   午後に食べたあと、疲れて寝てしまう …

no image
昼はラーメンを食べ、その後年金の免除申請をする。

    暑い日々が続きますね。   今日は昼はラー …

170813 備忘 半田屋で中糖質食

  早朝、小雨。 洗濯物を乾かすのに難儀する日々である。   長時間寝たためか体 …

no image
人間界は疲れるときがある

    人間が近くにいると、時々疲れてしまうことがある。 二 …

no image
170802 備忘的な

  ここのところやや暑さが和らいでいる。 今年は 夏が来てから梅雨が来 …

no image
180213 11時39分起床 気温の低さで2度寝にあらがえない男

  昨夜は3時前に寝る。 すぐにぐっすり。   目を覚ました …