生き心地の良い人生に

*

170215 ひどい夜更かし後の1日

   

Pocket

 

早朝、今日はいい天気。

ただ、昨夜は遅くまで起きてしまう。自制できない夜更かし。

睡眠時間2時間ほどで起床。眠り自体も深くはならず。

午前6時、すぐ寝るプランもあったけど、寝てしまうと夜寝れなくなるのでそのまま作業する。

9時ごろ朝食。キャベツ、チョコ、みかん、煮小松菜、バタピーなど。。

その後、仮眠。 なんとか2時間に抑える。

12時前に起床、また作業。

2時間以内に終わり、すこし読書。

アンカレ、節約する人に貧しい人はいない(中川淳一郎)などを読む。

15時前後、外出。 ドラッグストアで卵を買う。

ジャンプやスピリッツを立ち読み後、帰宅。

少しダラダラしつつ作業。

ギターをさらっと弾く。

コトリンゴ、AskaのFukuoka、OasisのLive Forever、ビートルズを数曲。

19時ごろ、夕食。

袋ラーメン1/4、キャベツ、煮小松菜、大豆、バタピー、卵、チーズなど。

20時頃、風呂に浸かり体を温める。

今日は早めに寝る。21時30分までに。。

 

 

今日のアンカレ

 

久しぶりに読書再開。 これからも時間を見つけて続けていきたい。

やはり気温が上がり体も温まってきて、活動も増えてくるのか。

 

なぜロシアが農奴解放令によって滅ぼされたかの説明に、地主が更に話を進めた時、その言葉の多くは、きわめて正鵠をうがっており、レービンにとって新しい、否定すべからざるもののように思われた。明らかに、地主は自分自身の思想を語っているのであった。ーこれは実に、今どき珍しいことであるーしかもそれは、閑人(ひまじん)を感心させようとしてひねりだした思想ではなく、生活の条件から生まれでた思想であり、田園の孤独裡にじっと抱きしめて、あらゆる面から検討した思想であった。

(トルストイ. アンナ・カレーニナ. 米川正夫訳. 筑摩書房, 1958. P.238.)

 

 
 
[ad#co-1]
 

 

 - 日常生活の出来事

ad pc

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


  関連記事

no image
雑感 20170131 ~寒くてきつい季節のたわごと~

  2017年も一ヶ月が経った。   冬真っ只中の1月という …

no image
雑巾で拭いたり、野菜を買ったりした。

    睡眠時間は10時間以上でした。   起きた …

no image
地震が起きたときのこと

  2011年3月11日午後2時46分、大きな地震が起こった。 僕は宮 …

no image
モンスターを買う。70円のおでん。散財考察。

台風は過ぎ去った。    早朝、モンスターという200円越えの飲料を買 …

no image
2018年12月16日 晴れ 氷点下の寒さ

  今日は12月に入ってから一番寒かった。 温度計を外に配置してみたら …

no image
170801 備忘的な

  今日は疲れが溜まっていたので午前中は就寝。 天気は曇り。 &nbs …

no image
2022年6月9日(木)少し晴れる 少し遠くに行く

  昨夜1時過ぎに寝て10時間ほど寝る。   起きて、少しネ …

no image
偶然聴いたJames BluntのGoodbye My Loverに感動してしまった

  先日、Youtubeを見ていたらJames Bluntさんのライブ …

no image
味噌汁を作る

昨日は味噌汁を作った。   中に入れたのは、大根、人参、キャベツ。 & …

no image
早朝に空を見上げたら真ん丸の月が浮かんでいた

何やら今日は月がきれいな日だそうで、その類のニュースを聞いて 朝の、まだ暗い空に …