生き心地の良い人生に

*

低所得層なら、せめて時間を確保する

   

 

低所得でも、時間を持っているので、そこそこいい人生を送れますよ。

お昼寝したり、ネット閲覧したり、読書したり、ギター弾いたり、安い酒で気持ちよくなったり。

 

 

時間って、けっこう大事だと思いますよ。

もう戻ってこないですから。

 

 

僕の場合、

奨学金返済とギターローンを除くと、

6万~7万円で生活できています。(社会保険含む)

 

 

家賃が1万7千円だからそういう生活ができるのだとしても

1万円足して家賃が2万7千円でも、7~8万円で生活できます。

家賃2万7千円なら、地方都市にそこそこあるんじゃないでしょうか。

 

東京でも町田とか八王子にありそうですね。

 

もっと低支出な生活をできる人もいるでしょう。

 

 

そうすると、賃労働の内容にもよりますが

時間ができます。

時給700円×1日6時間  20日 で84000円稼げます。

最低時給ラインの賃労働でも、6時間働いたら、後は自由。

1~2万円貯金できるかもしれません。

 

 

そういう生活も、時間があるがゆえに、いいものですよ。

だから、若いうちにちょっとがんばって、数百万以上貯めていたら楽ですね。

30歳前から、ゆったりできますよ。

あと、ネットで数千円~数万円稼げたら、もっと楽ですね。

ネットで稼いだのは事業所得にできるので、

給与所得で生活していれば

年間80万くらいでも非課税で、貯金できますよ。

 

 

中国大陸には、3億人の暇人がいるそうです。

 

彼らは地元に家があるからそういう生活ができるのですが、

 

家賃を低くすることで彼らに近づくことができます。

 

「俺たちにはたいした仕事もないが、時間を持っている」

 

と言います。

 

借金も貯金もなく、昼間から公園でマージャンしたりトランプしたり、ビールを飲んでいる。

 

つまり、ゆったりと生きている。

 

彼らは、時間を持っているんですよね。

 

 

 

 

 


 - 低所得層の生活

ad pc

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

関連記事はありませんでした