生き心地の良い人生に

*

東北と、九州。 住みやすいのはどっち?

   

東北と九州。
僕はこの、日本の北と南を代表する両地域に住んだ事がある。
山形県で19年。
大分県で7年弱。
そして、現在は宮城県仙台市に2ヶ月。
「住みやすさ」という点で言えば、僕の中ではやはり大分に軍配が上がる。
ポイントは冬の寒さだ。
雪国の、体をしばれさせるような寒さと行く手を阻む雪。
これには本当に参る。
温暖な気候というのは宝物なのだと実感する。
たぶん、大分より宮崎や鹿児島はもっと「暖か」くて「緩い」
いろんな社会的制約や慣習から開放されるのであれば
僕は宮崎や鹿児島、四国などで人生の後半を過ごしてみたい気もする。
東北に勝機があるとすれば、雪遊びができることと、少し我慢強くなれることだと思う。


 - 未分類

ad pc

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

no image
2014年12月7日 再びフレッツ光へ モンテJ1 灯油補充 支出5516円

昨日に続き、氷点下。 今年の5月に契約したネット回線「Broad Wimax 」 …

「人生の短さについて」 (セネカ著) を10ページくらい読んで。

セネカは2000年くらい前の人です。 その人がこんなことを言っています。 われわ …

no image
今日はそこそこ

世の中が、もっと単純だったらいいのに がんばったらがんばったで、時々疲れる。 例 …

no image
一日10分で4つの言葉を。 でも、それは人生のメインじゃなくあくまで脇役。

「生きているうちにドストエフスキーの原作を読むことは可能なのだろうか」 2009 …

no image
僕らとアリ

僕らのうちで、誰かこの世界を降りたいと一瞬でも思った人はおられるだろうか。 この …

no image
「我々は今、日本人で初めて世界で通用するFWを得ようとしているのかもしれません。」

サッカーの日本代表が発表された。 いよいよ4年に一度のお祭りが始まる。 僕は凄く …

no image
三四郎

年末にかけて夏目漱石の著作に目を通してみた。 前期三部作といわれる「三四郎」、「 …

no image
異質を受け入れるとはどういうことなのか。

先日、あるドキュメンタリー映画祭を見る機会に恵まれ、数多くの作品に出会った。 普 …

no image
玄米茶

玄米茶が200円もしなかったので助かった。 玄米茶は僕が起床してからのとりあえず …

no image
僕は仕事が出来ない

僕は仕事が出来ない。 呆れるほどに、驚愕するほどに、真面目に。 自分では一生懸命 …