生き心地の良い人生に

*

多感な時期に聴いた曲が今でも心に

   

 

「多感な時期に聴いた後に15年以上経ても感じ入るところがある曲は、君にとっての名曲である。」

 

とは、何とは無しに今朝あたまに浮かんだ1文なんだけど

 

嬉しいことにそういう曲はたくさんあって

ここ最近はShe ‘s always a womanが脳内にパっと流れてきている。

 

she never gives out and she never gives in.

 

のくだりでgive系を2つ持ってくるところが中々にとろける。

 

モニター画面に歌詞を表示させたらそれだけじゃ飽き足らなくて、ついにはワードにコピペして印刷してしまった。

 

 

 

 


 - 日常生活の出来事

ad pc

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

no image
うなぎ弁当を食べた。

うなぎ弁当を食べた。     そんな文章を書いたのだが、消え …

no image
2014年12月6日 冷風 鈴木啓太の右足アウトサイドパス 聖書研究 支出108円

氷点下の冷え込み。 顔を圧迫する浸透性の冷気。骨まで刺激してくる。 どこか待って …

no image
今日もなんとなく生きた

今日もなんとなく生きた。   今から寝る予定だ。   いつも …

no image
今日も普通に過ごしました。 亜硝酸NAという添加物

    今日は午前中はネット売りの作業をしてました。 &nb …

no image
170802 備忘的な

  ここのところやや暑さが和らいでいる。 今年は 夏が来てから梅雨が来 …

no image
170801 備忘的な

  今日は疲れが溜まっていたので午前中は就寝。 天気は曇り。 &nbs …

no image
起きて何したか覚えてない

起きて   ご飯食べて   久しぶりに古本屋に行って &nb …

no image
170311 生きるつもりで、生き残っていく

  今日は3月11日。   あの日から6年。 早いなぁ。 & …

no image
青空と布団干し

  先日より、青空が広がっている。 それとリンクしたわけではないけど、 …

no image
170323 暖かくなる段階

  3月も下旬になりましたね。   最低気温は1~3℃ &n …