生き心地の良い人生に

*

イラク首相の活動、アメリカは注視 (The New york times プチ翻訳) 

   

Premier’s Actions in Iraq Raise U.S. Concerns
BAGHDAD — Prime Minister Nuri Kamal al-Maliki has moved swiftly to consolidate power in advance of the American military withdrawal, offering a glimpse of how Iraq’s post-American identity may take shape, by rounding up hundreds of former Baath Party members and evicting Western companies from the heavily fortified Green Zone.
バグダッドーアメリカ軍の撤退を前に、ヌリ・カマル・アルマリキ首相は政権を強化する動きを加速させています。アメリカ支配後にどのような国づくりを行っていくのかを示すために、数百人の元バース党員を集め、安全に力を入れているグリーンゾーンから西欧系企業を立ち退かせています。
As Mr. Maliki met with President Obama in Washington on Monday to discuss Iraq’s future after the end of a painful nearly nine-year war, his aggressive actions back home raised new concerns in the West, where officials have long been uneasy with the prime minister’s authoritarian tendencies.
マリキ氏は月曜日にワシントンでオバマ大統領と会談した際、9年にも及ぶ悲惨な戦争が終わった後のイラクの方向性について話し合いの機会を持ちました。
オバマ大統領は、マリキ氏がイラク国内で暴力も辞さない活動を行っていることに西側諸国の関心が高まっており、その独裁的な姿勢に長く懸念を示していることを伝えました。
翻訳って難しいね。
何より日本語の語彙が頭に浮かんでこないのが痛い。。
でも、面白いね。


 - 気晴らし翻訳

ad pc

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

関連記事はありませんでした