生き心地の良い人生に

*

家賃が低いことについて

      2016/12/13

ココ最近、収入が減ってきていて、それで改めて家賃が低いことに救われているなぁと思ったので

 

家賃の低いことについて少し考えてみました。

 

家賃が低いことの長所、短所

 

長所

・生活費のうちの固定費が低いことを意味するので、お金が出て行かない

・お金が出て行かないので、低収入でも生活を営める

・低収入でも貯金が出来る

・収入が減っても不思議に安心感がある

 

短所

・「がんばって働こう」とする気力が失くなりやすい

・色んな意味で、環境が悪いことがある(建物、人、立地)

・etc

・短時間労働でも生きていけるので、家に引きこもり視野が狭くなる。

 

 

ちなみに僕の家賃は1万7千円未満です。

奨学金の支払いが1万3千円くらいあるので、これも無理やり含めて家賃は3万円と設定しています。

 

家賃が低く出来る場合は、低くしてみるのと楽かもしれません。

 

スポンサーリンク


 - 家賃

ad pc

Comment

  1. ミニマ二スター より:

    家賃2万円以下であるんですね。
    やはり家余り時代到来なのでしょうか。
    最近空き家率高くて賃貸収入見込めない大家が多いようですね。
    ミニマニスト生活は家賃3万以下にしていかないと厳しいですよね。

  2. ターティ より:

    地方都市だと家賃低くて16m~は出始めてますね。

    特にこだわりや上昇志向がなければ、家賃は低いほうが楽だと思います。

    僕はミニマニストについて詳細はわからないんですが、時代に合わせて出るべくして出てきた人達だと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

関連記事はありませんでした