生き心地の良い人生に

*

奨学金300万なら2万のアパートに住んで新聞配達+昼バイトすれば10年以内に返せるんじゃないか

   

 

※この記事は単純労働が少しはできたり、とりあえず働ける人向けです。

 

※けっこう男性向けの方法かもしれません。

 

 

 

ここ数年、奨学金破産という言葉をよく聞きます。

奨学金が返せなくて本人や親、親族などが破産するということです。

 

 

奨学金破産、過去5年で延べ1万5千人 親子連鎖広がる

 

 

 

奨学金の平均貸与額はどのくらいなんだろうと調べていたら

 

第一種で236万円、 第2種で343万円でした。

 

奨学金の平均貸与額  (15ページ目)

 

 

なので、大体300万ぐらい借りている人が多いのかなと思います。

 

300万円で破産する人が多いのかどうかわからないですが、

とりあえず300万円ぐらいなら返せるかもしれない方法をご紹介します。

 

 

僕は思ったのですが、

 

家賃2万円ぐらいのアパートに住んで

新聞配達+バイトすれば10年くらいで返せるんじゃないか

 

ということです。

 

新聞配達は1日2~3時間の労働で月に6万円~8万円稼げます。

 

なので、

できれば月の生活費を7万円ぐらいにして新聞配達のお金だけで生活します。

 

 

そして、昼は時間があるので、昼も働くのです。

 

バイトでいいです。 体力のある人は派遣とか契約社員でもイケるかもしれません。

 

その昼に働いたお金で、奨学金を返すのです。

 

奨学金の月返済額を2~3万円だとすれば

 

できれば昼の仕事で5万円以上は稼いだほうがいいかもしれません。

 

税金も取られるので。

 

月3万  ✕ 12ヶ月  = 36万円(年返済額)

 

36万円(年返済額)  ✕  10年  = 360万円 

 

なんか、イケる気がしないですか(笑)

 

うまくいけば5年~8年程度で返せるかもしれません。

 

 

新聞配達+昼の仕事をする上でのポイント

 

1. 昼の仕事はあまり無理しないで長く続けられそうなところを選ぶ。

 

2.若い内は体力も意志もありがちなので、できるだけ若いほうがいい。

 

 

 

 

 

何を隠そう、単純労働者の僕はこの方法で返済した

 

 

そうなんです。 僕は奨学金240万円借りていました。

僕は正社員にもなれず単純労働者属性だったので、フルタイムのバイトをしたり、最後の数年間は「新聞配達+昼の仕事」だけで奨学金を返済してしまいました。

 

労働の種類をご紹介すると

肉体労働のバイト、新聞配達、自営的物販労働などです。

 

正直、物販労働は効率が良かったですが、もし物販労働ができなくなっていたとしても、昼に何か別のバイトをして返済していたと思います。

 

そういう経緯もあって、今回は奨学金を返す一つの方法として提案させていただきました。

 

僕は9年くらいかかりました。 

その9年間、年収は最高250万円くらい、最低100万円前後でした。

 

奨学金の他に貯金もしていたし、若い頃は夜の街で散財(月2~3万)したときもありました。

なので感覚的にも、わりといけるのかなと思います。

 

正直働き続けるのはきつかったですが。。。

 

 

もし奨学金を300万円ぐらい抱えていて

正社員にもなれないまま

希望の専門職にもつけないまま

学校を卒業してしまいそうだったり

 

手取り12万円ぐらいで働いていきそうな

20代前半や中盤の人がいたら

こういう泥臭く返済していく方法もあり

実際にそうして返済した人間もいるぞ

 

ということを知っていただき、少し参考になれればと思います。

 

 

※ っていうか300万円ぐらいの奨学金なら、2万円のアパート住んで普通にフルタイムで働ければ、普通に返せるような気がしてきた。。

大事なのは

「固定費の抑制」

「家計管理能力」

「手取り12万円以上の長く働ける収入源」

なのかもしれない。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


 - 奨学金の返済

ad pc

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

no image
学生支援機構の奨学金を全額繰上げ返済する。

先日、奨学金の残り全額を繰り上げ返済する手続きをしました。   まだ口 …