生き心地の良い人生に

*

脱法ハーブを吸った疑いのある弟が廃人になりかけている

   


この記事を書こうか書くまいか迷ったが、一つの事例としてこの文章を読んだ人が薬物を使用しなければよいと思い、また自分が書きたくて弱冠ウズウズしていたこともあり、書いてみた。
タイトル通り、弟が廃人になりそうな状態だ。見る人の感性によっては「いや、既に廃人だろ」と判断されるかもしれない。
一番特徴的なのは会話ができないことだ。固有名詞が出てこない。先日彼は、久しぶりにあった僕を前にして「迷惑かけだの(かけたね)」と言った。僕が「どういう迷惑?」と聞くと「あの、うんと、うん、んだ」など独り言を言って自己完結してしまった。
こちらの言っていることをすぐ忘れるし、理解したのかもわからない。食欲も減退し目的もなく歩き回る。「人から見られている」とか「この家はどうしてあんな窓の形なんだ」とか意味の分からないことを言う時もある。
弟の友人に話を聞いたら、以前脱法ハーブをかなりの量吸引していたと知った。おそらくその後遺症だろう。
この1,2年ニート支援のNPOに弟を関わらせてきたが、事態はもっと深い闇に包まれていたようだ。
弟は働かないのではなく、既に働けないのだ。危険ドラッグの重度後遺症者なのだ。
6月にはまともな会話ができたけど、たった一か月で会話もできない人間になっていたことによって母親が慌てふためいている。
現金は週1で1週間分の食費しか渡していないのに、今も購入して吸っているのだろうか。
僕は今、依存症専門NPOダルクのサイトを見て少しずつ薬物依存について知識を得ているところである。
どうやら、前途多難だ。


 - 未分類

ad pc

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

no image
最近、 西日本  雑感。

実家である山形の鶴岡に帰ってきた。 束の間の休日。 僕はこれから宮城県の仙台市に …

no image
僕は女性のお尻が好きだ

僕がもし何フェチですか? と聞かれたら、こう答えるだろう。 「たぶん、先天的にお …

no image
この2ヶ月間にしたこと~一日5時間労動への軌跡~

5月末に昼の職人仕事助手を辞めてから2ヶ月が経とうとしている。 その間、6月は新 …

no image
今日はそこそこ

世の中が、もっと単純だったらいいのに がんばったらがんばったで、時々疲れる。 例 …

no image
三四郎

年末にかけて夏目漱石の著作に目を通してみた。 前期三部作といわれる「三四郎」、「 …

no image
弱い

あ、そうか。 俺って弱いんだ。 「俺は弱い」 って 今まで思おうとしなかったのは …

no image
じっくりとした読書

最近本を読んでいない。 じっくりと読書に浸れていない。 かろうじて細切れの時間に …

no image
闇夜とともに

闇深い静寂に見守られながら 誰かの寝息に囲まれながら あいつはこっそりドアを開け …

no image

今日は土曜日で時間があったので「カポーティ」という映画を観て来た。 カポーティと …

no image
何も書けない

二連休の二日目の深夜に、何故この、長い間放って置かれたブログを再開したのか、自分 …