生き心地の良い人生に

*

ヨーロッパに3週間行った時のこと(初めての海外)

2004年に初めて海外に行ってきました。

ヨーロッパに行ってきました。

その時のことを、記憶を頼りに書いていこうと思います。

 

成田空港から上海へ

上海で空港につきました。

しかしその空港は少し古いです。

フランスへ行く便は違う空港から飛び立つようでした。

違う空港へはどうやっていけばいいんだろう。

そのことがわからなかったので

となりに座っていた女性が中国語で駅員に説明してくれて

無事にバスで移動することになりました。

初めての中国のバス。渡された中国製ミネラルウォーター。

とてもワクワクしました。

 

その後、無事に空港に到着して、フランス行きの便に搭乗することができました。

 

フランスに到着。すぐにイギリスのリバプールへ

フランス パリ 到着 数時間でイギリスのリバプールへ

リバプールのユースホステルで1泊 ビートルズ博物館へ徒歩で行く

 

アイルランドのダブリンへ

翌朝 ライアンエアーでアイルランドのダブリンへ 

ダブリンの空港受付で市内地図を買う。受付の中華系女性の英語が早すぎてビビる。

空港からタクシーで市内へ。タクシーのおっちゃんと理解率50%以下の会話をおこなう。

「イギリスはポンドで高かった」と言うと「彼らはユーロにすべきだよ」と返答される。

ダブリンにつきユースホステルへ。受付の女の子が笑顔で迎えてくれて嬉しくなる。

ダブリンのどこかの大学で、ご飯を食べる。寒かったので数千円の服を買う。

再び格安航空でパリへ

 

パリの安いホテルで泊まる。パリの街は彫刻などがあったり大聖堂みたいなところが美しかった。

列車でイタリアへ

 

行く。イタリアではベネチアへ行く。水路の街。美しかった。こんな街があるんだなと思った。

その後南下し、バーリへ。バーリからフェリーでギリシャへ行く。

 

ギリシャからトルコへ

ギリシャではアテネに一泊。 窓のない部屋。

確か、ハンバーガーを食べる。

その後、アテネからトルコのイスタンブールへ列車で行く。

その列車での景色は忘れられない。

エーゲ海の光る海。丘に立ち並ぶ白い家々。

言葉が通じないのに、話しかけてくれる黒い衣装をまとったユダヤ人や、トルコの兄ちゃん。

イスタンブールに到着。 1~2泊する

ケバブを食べる。橋で釣りをする人々。

ブルガリア~ルーマニアへ

2~3泊くらいする長距離列車に乗る。

のどかなブルガリアの風景。畑や牛。

ルーマニアに着く。 ホステルにいた中年日本人

ルーマニアで宿そ探す

 

ちょっと休憩。 またまとめていきます。


公開日: