生き心地の良い人生に

*

年収200万円からの、2年で100万円貯金する考え方

      2017/11/21

画像


 

何となく、年収200万円以下でも

まずは100万円貯めてしまえば

取りあえず安心な気がします。


例えば

手取り15万円として9万円で生活すれば、

月に6万円貯まるわけです。

 

2年は24か月なので、

24×6万円で、144万円の貯金。


急な出費で10万円以上掛かっても、

100万円をゆうに超えた額が預金通帳にあるわけです。


さらに2年を経ると、300万円近いお金が貯まります。


この時点で、


20代なら半年以上旅に出てもいいし、


中古の一軒家を購入してもいいわけです。


志のある方はBライフ
をしてもいいわけです。


この貯金を可能にするために鍵になるのが、家賃です。


できれば3万円以下を推奨します。可能ならば2万円以下。


親との関係が良好ならば、実家が一番です。


30万以上の人口を有する都市に実家がある方は幸せです。


仕事があり、更に家賃がゼロになる可能性があるからです。


地方や田舎出身者は、「実家はあるけど仕事がない」ハンデを負っているケースがたびたびみられます。


だからある程度の都会に出る必要があるわけです。


少し話が逸れました。


家賃が3万円以下ならば、

9万円で生活することは十分現実味のあること

と思います。


今の生活が苦しい方は、まず家賃を3万円以下に落として

なおかつ収入を手取り15万円以上にすることをお勧めいたします。

 

※2016年11月8日 修正

※2017年11月21日 修正

 

スポンサーリンク


 - 貯金

ad pc

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

関連記事はありませんでした