生き心地の良い人生に

*

キンドルで1Q84を読み始めてみた

   

今日の読書は朝6時に始まった。
Mr.Haruki MurakamiのIQ84である。
ちょうど先月末にアメリカで発売されたそうで、さっそくキンドルストアで購入した。金額は約15ドル。1ドル78円だから高くても約1200円であろう。
日本語のハードカバーだとブック1だけで1800円だからそれに比べてかなり安い。
実は私は1Q84はまだ読んでいない。
文庫本になるのを首を長くして待っているのである。発売から2年が過ぎて、S潮社はまだ文庫本を出す気配は見せていない。
そんな状況の中、円高下でのwritten in English版発売という事実に、私の財布の紐が瞬く間に緩んだのであった。
訳者の名前を見るとジェイルービン氏とガブリエル氏の2名の名前があった。2人とも村上作品ではおなじみの方だと記憶している。たしか、どちらかがボヘミアン的で旅好きなはずである(翻訳夜話参照)。
というわけで、私は1Q84を読み始めた。
1時間くらい読んで、現在は全体の2%くらい進んだ。
2%読んだところでの感想を述べるとする。
やはり、おもしろい。
この一言に尽きる。
ある現象があって、それを言葉にする能力が抜群にうまいのだ。
しかもそれらの言葉のセンスが、いい意味で読者を「乗せて」くる。
十八番である比喩付きで。
しかし、それらはボクシングで言うところのシャープなジャブに過ぎない。
一回2分が過ぎた頃、タクシー運転手の口を借りて早くも読者をKOしかねない右ストレートが放たれる。
“あんたは今から普通じゃないことをしようとしている。そして、そういうことするとね、世界が違って見えるんだよ、前よりね。私にもそういう経験があるよ。でもね、don’t let appearance fool you.There’s always only one reality.”
やはり、一回から読者を嵐に巻き込んでくるのである。
私はいつもこれにやられるの。
2006年春、それまで偏屈に現代文学を避けてきたわたしは、書店で立ち読みした「海辺のカフカ」をその場で上下巻買った。
つまりは、一回に交わされた田村カフカとカラスと呼ばれる少年との会話でノックアウトされたのである。
続きは昼の電車の中で読むことにする。
現在地は、予備校講師のTENGOが編集者のKOMATSUと新宿の近くの喫茶店でFUKA-ERIの小説について会話している場面である。


 - 読書

ad pc

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

no image
音読~半ニートが早朝に名作を声に出して読み始めた~

ここ数日、2,3日前からだろうか、朝から本を片手に日本語の音読を開始した。 英語 …

no image
ソローの森の生活を原本で読み始める

 職場まで10キロ近くある。 しばらくスーパーカブで通勤していたのだが、先日思い …

no image
中国の女 エイズ村、売春婦、大富豪

中国語を勉強していることもあって、最近は中国関係の本に目が行くことが多い。 先程 …

no image
読書を続けてみてくれ。

僕は読書が好きだ。 読書は出会いなのだ。 読書をすることで僕は新しく生まれ変わる …

no image
もう家では勉強しませんって思い始めてきた。

家で勉強しているとパソコンとかふかふか布団とかで誘惑される。 僕はやっぱりそうい …

「人生の短さについて」 (セネカ著) を10ページくらい読んで。

セネカは2000年くらい前の人です。 その人がこんなことを言っています。 われわ …

no image
セックスボランティアという本を読み始めた

今日は午前9時から午後の6時まで寝てしまって 今の時間まで起きている。 オレンジ …

no image
読書遍歴

紹介文にもあるとおり、僕は20歳あたりから本を読み始めました。本といっても主に小 …

no image
貧しき人々

「一番大切な市民としての美徳とは、金儲けの才能だ」 (本質的な意味としてはただ単 …

no image
ワイルドスワンを読み始めた

読み応えのある本を読み始めた 書名は「ワイルドスワン」。 上、中、下と三巻あって …