生き心地の良い人生に

*

音読~半ニートが早朝に名作を声に出して読み始めた~

   

ここ数日、2,3日前からだろうか、朝から本を片手に日本語の音読を開始した。
英語の音読は毎日の基本習慣とはなっているのだが
こと、日本語の音読となると、それはまったく私の人生に入り込んでこないものであった。
しかし、私は突如として日本語の音読という船旅に乗り出してしまったのである。
教材は私の好きな夏目漱石先生の「こころ」である。
いざ読み始めてみると、ところどころ突っかえてしまうのだが
何故か面白いように思える。
日本語が美しくリズムも心地よいのでつい読み続けてしまいそうになる。
そのまま読み進めてしまえばいいじゃないか。
とは思うものの
私はこの音読の船出にある一つのルールを課しているのである。
それは
「一日4頁(ページ)以上は読まない」
ということである。
なぜ4ページなのか?  と疑問に思う方もおられるかもしれないが
その理由は、短時間で終わるから。である。
おそらく5分もかかっていないだろうと思う。早ければ3分くらいで読み終わっている。
私は怠け者なのでこれくらいが、比較的長期間に渡ってこの「日本語音読」を継続していけるのではないかと思っている。


 - 読書

ad pc

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

no image
読書遍歴

紹介文にもあるとおり、僕は20歳あたりから本を読み始めました。本といっても主に小 …

no image
もう家では勉強しませんって思い始めてきた。

家で勉強しているとパソコンとかふかふか布団とかで誘惑される。 僕はやっぱりそうい …

no image
キンドルで1Q84を読み始めてみた

今日の読書は朝6時に始まった。 Mr.Haruki MurakamiのIQ84で …

no image
読書を続けてみてくれ。

僕は読書が好きだ。 読書は出会いなのだ。 読書をすることで僕は新しく生まれ変わる …

「人生の短さについて」 (セネカ著) を10ページくらい読んで。

セネカは2000年くらい前の人です。 その人がこんなことを言っています。 われわ …

no image
中国の女 エイズ村、売春婦、大富豪

中国語を勉強していることもあって、最近は中国関係の本に目が行くことが多い。 先程 …

no image
ワイルドスワンを読み始めた

読み応えのある本を読み始めた 書名は「ワイルドスワン」。 上、中、下と三巻あって …

no image
ソローの森の生活を原本で読み始める

 職場まで10キロ近くある。 しばらくスーパーカブで通勤していたのだが、先日思い …

no image
貧しき人々

「一番大切な市民としての美徳とは、金儲けの才能だ」 (本質的な意味としてはただ単 …

no image
女性の性欲ーセックスボランティアを読んでー

女性にも性欲がある 上記の表現を書いたとき、なんとなく違和感を感じた。 男性にも …