生き心地の良い人生に

*

レジの黒髪美女と仕事

   

新しく引っ越した場所は仙台市内の中心部からほんの2、3キロしか離れていない、八木山という標高100m程の場所にある。新旧の住宅が密集し、テレビ塔が2,3本不規則に点在していて、昼も夜もとても静かである。
アパートから市内の中心部まで直線距離で2,3キロであるにも関わらず自転車で30分もかかってしまうのは、曲がりくねった複雑な道が多いことや「山」を下って迂回しなければならないからだと結論づけている。そして、当たり前のことだが、帰りは下った道を上らなければならない。家賃が安いのにはそれなりの理由があったみたいだ。
今日は朝から近くのスーパーへ食材の買出しに行ったのだが、注目すべき収穫があった。レジの女の子がかわいかったのである。黒髪で白肌。どこか垢抜けない印象を与えたが、声はすごくはっきりしていた。レジの子にかわいい子(タイプの子)がいると、その店に行くのに少し緊張感が付随する。これは私に関する1つの真理である。もちろん寝癖では行けない。無精髭も気が引ける。服も。。。あ、私は冬服を一着しか持っていない。しょうがない、服はこぎれいにしていこう。と、まぁ、こんな具合に人生に1つの課題が発生する。これは注目すべき収穫である。
そして、就職。
僕は定年までフルタイムで働かないつもりだ。遅くとも45歳で退く。退いた後、日本と世界を放浪してそれが飽きたら月に11万円くらい稼げる仕事をして、人生を楽しむ予定である。やりたいことはけっこうある。仕事の合間に畑を借りて作物を作ったり、安い一軒屋で「四畳半図書館」を開いたり。
こういった暫定的な計画に沿って考えてみると、今からフルタイムで働くのは多くても20年くらいになる。20年、何の仕事をしようか。今、それを決めようとしているのだ。特にこれをやりたいという職種もないので、縁があったところで頑張ろうと思う。


 - 考えたこと、思ったこと

ad pc

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

no image
今夜の放出

  極寒の2月の夜にふと、「あぁ、もうこんなに時が経ってしまったのかぁ …

no image
無料の惰眠といったものはどこにもない

    マンキュー経済学と言う本を読んでいたら 人々は意志決 …

no image
目標を立てても、それを達成する気力が衰退している

    以前よりも踏ん張りが効かなくなった。   …

no image
自分が好きなことを損なわれないようにする

  自分が関心のあること、自分が好きなことを   誰かに損な …

労働はつらい

労働はつらいものだと思う。   労働はつまらないものだと思う。 &nb …

no image
ある朝、出勤してみると、直属の上司が一匹の巨大な黒虫に変わっているのを発見した

私はカフカの「変身」の最初の一行をたまに音読する。 「ある朝、グレーゴル・ザムザ …

no image
ゴキブリ事情

僕が山形の実家を出てから住んだアパートは4箇所あるのだが それぞれの家賃は以下の …

no image
さよなら2009年

2009年も終わりですね。 明日からは2010年。 個人的には、マジで頑張るべき …

no image
自分が落ち着ける(安心できる)何かを大事にすること

  1日の中で、自分がそれをやっている時に安心できるモノがあると   その日は納 …

no image
ストレス無く生きたいと思ってしまうこと。

ストレスなく生きる。 これは本当に大事だ。 ストレスなんて大嫌いだし、生きる為に …