生き心地の良い人生に

*

土曜の朝と早起きした後の行動について

   

今日は6時過ぎに起床した。
休日の起床時間にしては早いのかもしれないが、平日には早いときで3時、遅くても5時には起き上がっている身としては、やはり遅いといえる。
起きてまず行うのは丸い筒型の石油ストーブに火を入れることである。使わない爪楊枝や割り箸に火をつけてそれを点火場所へと持っていく。火を入れた後は水道水を顔に浴びせ、眠気を逃がす。そしてパソコンのスイッチを入れる。この一連の行動はもうほとんど癖になっており、わりかしスムーズに行われている。
そして、問題はここからだ。
早起きをして、私は何を為すべきだろうか。出勤までの数時間をどのように使うべきなのだろうか。
答えは明確ではない。
でも、不明確でもない。
とりあえずは自分の興味関心に沿った行動が為されることになる。最近のパターンでいえば
①ネットサーフィン
②論語を1ページ音読
③ドストエフスキー「白痴」の黙読、音読
④英語の音読
⑤マイクロソフトオフィスの勉強
といったところだ。
これらは必ず行われなければいけないと思っているわけではない。実際にどれかがその日によって省かれることもある。
要は他にやることがないし何もしないという選択肢も頭には浮かぶのだが、どうも、「自分にできることを増やせば人生に面白みが増す」という考えが私の中に本質的に備わっているようなのである。
話が少し脱線した。今日の午前中の話に戻ろう。
とはいっても、何を書こうか。
もう眠いので、今日はここらでお暇する。 そして、今から芸術の域に達したクラブのサッカーを見よう。


 - 未分類

ad pc

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

no image
Happiness is only shared with someone

クリストファー・マッカンドレスとリバーフェニックス 気付けば、僕は彼らよりも長く …

no image
俺たち最高日本人!

と、と、とぅ。 と、と、とぅうぇ と、と、トゥウェルぶ トゥウェルブyears  …

no image
一日10分で4つの言葉を。 でも、それは人生のメインじゃなくあくまで脇役。

「生きているうちにドストエフスキーの原作を読むことは可能なのだろうか」 2009 …

no image
ゴキブリと暮らす。

シャワーを体全体に浴びながら窓を見ると、まっさらなオレンジ色の光で満たされていた …

no image
今日はそこそこ

世の中が、もっと単純だったらいいのに がんばったらがんばったで、時々疲れる。 例 …

no image
1,2月の家計

  1月、2月。 全然貯蓄できなかった。 まず、食費。 両月とも4万円 …

no image
蠅の王

大学の授業で、理想の社会のありかたみたいなのを学んでいるが、その材料として数々の …

no image
弱い

あ、そうか。 俺って弱いんだ。 「俺は弱い」 って 今まで思おうとしなかったのは …

no image
いい日

今日は、今のところまぁまぁいい日。 朝7時前に起きて 音読をして 鍋にちゃんぽん …

no image
備忘録 20120409

今日は朝からコンビニでおにぎりを二つ買いました。中身は筋子とはらこです。 うまい …