生き心地の良い人生に

*

一日10分で4つの言葉を。 でも、それは人生のメインじゃなくあくまで脇役。

   

「生きているうちにドストエフスキーの原作を読むことは可能なのだろうか」
2009年10月、「悪霊」を読み終えた僕はふとそんなことを思った。
「罪と罰」「カラマーゾフの兄弟」の読後感もすさまじいものだったが、「悪霊」もまた、彼らに引けをとらなかった。
そして、冒頭の一文が胸をかすめ始めたのである。
ドストエフスキーを原文で読みたい。。。
マジで。
ろしあ語で。
生きているうちに。出来るだけ早く。願わくば40歳、いや、35歳までには読み始めていたい。。。
そうと決まればやることは1つ。
11月上旬、私の机の書棚にはロシア語入門本(¥2,600)が大きな顔をして並んでいた。
一日5分~20分(それ以上やらない。最初はソフトに。持続が大事)の音読と書写。
12月 сласйбо(スパシィーバありがとう) あたりのレベルを超えてくる。
12月26日  第6章まで来た。 一日5分か10分でけっこういけることに気が付きつつある。
シベリア鉄道の車掌さんに話しかけてる姿がモチベーションの1つにもなってる。 
「自分の蝋燭に火を灯し続けるんだ。」と心の奥から聞こえてきた。
そして中国語。
これも11月から一日~15分で、今は「いつどこだれ」レベル。
帰ってきてすぐやる。だから負担に ならない。
あくまでも語学は脇役。メインは読書。
そして人生をどうにか楽しむこと。誰かの役に立つように自分を変えていくこと。
こんなに短い人生なのに、くよくよしてる暇はないはずなんだ。
でも、たまにはいいよ。人間だもの。
We’re all in the gutter   but some of us are looking at the stars.


罪と罰は、読みましたよ。
飲んだくれの親父に家主のクソばばーに心優しい売春婦。
蟹工戦も一度機会があれば読んでください。


 - 未分類

ad pc

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

no image
この2ヶ月間にしたこと~一日5時間労動への軌跡~

5月末に昼の職人仕事助手を辞めてから2ヶ月が経とうとしている。 その間、6月は新 …

no image
三四郎

年末にかけて夏目漱石の著作に目を通してみた。 前期三部作といわれる「三四郎」、「 …

no image
わっはっは。

わっはっは。 わっはっは。 俺は、俺がわからない。 わっはっは。 わっはっは。 …

no image
皆さんは、親の介護する予定ですか?

先日、NHKのクローズアップ現代で「多重介護」という問題を取り扱っていました。 …

no image
じっくりとした読書

最近本を読んでいない。 じっくりと読書に浸れていない。 かろうじて細切れの時間に …

no image
いい日

今日は、今のところまぁまぁいい日。 朝7時前に起きて 音読をして 鍋にちゃんぽん …

no image
あぁ、今日もやっぱり、今日でした。

机の上にコーヒーと玄米茶を 時間は止まってくれない 悲観は止まってくれない 主観 …

no image
異質を受け入れるとはどういうことなのか。

先日、あるドキュメンタリー映画祭を見る機会に恵まれ、数多くの作品に出会った。 普 …

no image
読書経過と親不孝な僕

ふー、何だか疲れちゃった。 何もしてないのにね。 今日は朝から久しぶりにいい時間 …

no image
大分への想い

大分を離れて今日で12日になる。 家具を揃えたり公的な手続きの準備をしていてあれ …