生き心地の良い人生に

*

目標を立てても、それを達成する気力が衰退している

   

 

 

以前よりも踏ん張りが効かなくなった。

 

頭の中で「これをやろう」と思ったとしても体がそれを実行に移すことが少なくなった。

 

目標を決めたとしても、その目標の磁力が極端に弱くなった。

 

その目標は絶対ではなくなり、

 

もはや人生における

 

短期の気休めや「かりそめの希望」のようなものになった。

 

 

 

 

このような状態になってからの、日々を生きる連続と言うのは

 

それほど魅力的なものではなく、とても未知でいて、

 

ソローさんの言葉を借りちゃうと

 

「静かな絶望」=Quiet despairation

 

的な感じがしている。

 

 

 


 - 日常生活の出来事, 独りごと, 考えたこと、思ったこと

ad pc

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

no image
寒さ。時流。変化。

冬だから当然なのだが、寒い。 青い空はけっこうだが、それが冷気を伴っていれば閉口 …

no image
170303 淡々と

  早朝、淡々と過ごす。   ストレッチ、ファンヒーターの灯 …

no image
180307 11時27分起床 

  昨夜は3時頃に寝る。   ぐっすりと寝て目が覚めて時計を …

no image
2016年4月24日 日記

  体調は悪くない。 最近は朝にお腹が減ることが多く、それはこの日も当 …

no image
さよなら2009年

2009年も終わりですね。 明日からは2010年。 個人的には、マジで頑張るべき …

no image
170223 少し暖かくなる

Contents1 アンナ・カレーニナ。2 世界史。   今日は暖かか …

no image
呑気になる

2011年も6月に入って、その6月も後半を向かえて一年のうちの半分が終わってしま …

no image
地震が起きたときのこと

  2011年3月11日午後2時46分、大きな地震が起こった。 僕は宮 …

no image
170801 備忘的な

  今日は疲れが溜まっていたので午前中は就寝。 天気は曇り。 &nbs …

no image
一日の始まり。活動し始める人々。

一日が始まった。 朝早くから、人々は道路の上を歩いている。 たいてい衣服を着てい …