生き心地の良い人生に

*

180202 10時5分起床 気温高め 軟禁されていた青年

      2018/02/03

 

先日は24時30分過ぎに床につく。

 

ぐっすりとした眠り。

 

目を覚まして横に転がる目覚ましを見ると9時54分。

 

少し間を置いて起床する。

 

「起きられなかったな、7~8時に」

 

という所感を漂わせながら、パソコンやファンヒーターのスイッチを入れる。

 

「どれ、とりあえず今日をやっていくか。」と思う。

 

コーヒーにMCTオイルを数滴垂らす。

 

 

昼過ぎ、散歩に出る。 今日は気温が高い。3℃くらいはあるのか。

 

夕方、ご飯を食べる。

 

軟禁されていた青年 遺伝の影響

 

ネットサーフィンをしていたら、10年以上軟禁されていた青年の話に行き当たった。10代の時期に学校にもいっていたかわからないけれど、今ではパソコンも操り将来的には弁護士になることを目指しているようだった。

 

※youtubeより 1時間14分ごろから

 

青年の話の発端はテレビ番組だ。番組内の専門家は「積極性があり挑戦的な」彼の性格は、遺伝が関係しているとしていた。

 

僕はふと、部屋の中空を見つめる感じで、少し頭の中がそのことでいっぱいになった。

 

「すべてのケースがそうだというわけではないけど、やはり人間の性格や能力というのはある程度遺伝が関係しているのかもしれないな」

 

番組をよく見てみると、彼は協調性やコミュニケーション能力も問題なく、便利屋さんで数年間働いているようだ。住んでいる部屋は4畳半だがわりとキレイに整頓されている。生活能力もそこそこありそうだ。

 

パソコンはマウスコンピュータ。働いたお金を貯金して購入したという。つまり「貯金能力」もある。貯金能力というのは、人間生物にあってやや高度な能力であると思う。

僕はこれまで貯金能力のない人々を幾人か見てきた。現代日本では貯金がゼロの人も少なくない。貯金するには収入を得なければいけないし、支出を抑えなければならない。収入よりも支出が多くなってはいけない。

労働を通して収入を得る人々が多く、実質賃金が減り続け、誘惑が多くお金を使わせる仕組みがいたるところに仕掛けられているこの社会で、貯金するというのは簡単なことではなくなってきている。貯金できる能力は特殊能力になってきている。

と、ここまで書いてきて思ったが、彼が貯金できるのは快感を知らないことも関係しているかもしれない。貯金ができない人というのはある種の快感にお金を払うことが習慣になっているケースも見受けられるからだ。

 

少し話が逸れた。

 

まぁ何はともあれ、彼はちょっと驚きだった。

遺伝が人間に与える影響、先入観なく何かに取り組んでいく気性についてちょっと考えてしまった。

 

スポンサーリンク

 

 

 


 - 日常生活の出来事

ad pc

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

晴れ。夕立。鳥ムネ肉100g30円。

  早朝、晴れている。晴れているのは素晴らしい。   ネットで偶然。昨日開店した …

no image
170803 備忘的な

  早朝に椅子に座り作業している。   ひさしぶりにコーヒーにバターを …

雪が降ってしまった

  雪が降ってしまいました。   まぁ、そりゃ冬だから雪が降 …

no image
今日の生活 160618

  朝にネット閲覧、写真の整理、食料買い。   足裏マットを …

no image
ユニットバスのお湯が出なくなる。 けっきょくは凍結。

  僕のアパートのお風呂はユニットバスなんだけど   先日、 …

no image
170223 少し暖かくなる

Contents1 アンナ・カレーニナ。2 世界史。   今日は暖かか …

no image
今日の生活 160617

  朝、ネットチェック。   足裏マットで7分ほど踏み踏み。 …

no image
母との食事。山登りと弟の処遇について

    夜、電話がかかってくる。   PHSのモニ …

no image
11月9日 月曜日 休刊日

昨日は月曜日でした。 新聞は休刊日なので朝はゆっくりと寝ていました。 7時ごろに …

no image
170219 今日は寝て寝て 生存しているだけで良い

  もうね、今日はずーっと寝てるだけです。     …