生き心地の良い人生に

*

電車で2時間もすれば僕は福島市に行ける

   

今、もし僕が福島市に住んでいて子供がいたら気が気じゃないだろうなと思う。
僕が住んでいるのは仙台市。
福島市から100キロも離れていない。
仕事場から帰るときはいつも「福島行き」の電車に乗る。
そのたびに何か奥歯に異物がさし挟まったような違和感に襲われる。
この違いはなんだろうと。
空間線量だけで言えば仙台市はそれほどパニックになる地域ではない。
でも、ここから電車で2時間もかからないで到着する街はどうだろうか。
計測すれば、毎時1マイクロシーベルト(年間8.76ミリシーベルト)を越える場所が多勢を占めるようなところなのだ。
この事実がなんとも言えないのだ。
学生をやらせてもらっていた時、知り合いに福島出身の人が二人いた。
一人は山登りのサークルで一緒で、同じ東北出身ということでなんとなく勝手に親近感も沸いていた。
彼は卒業後、ラーメンを作りたくて福島のラーメンチェーンに就職したことを聞いていた。
もう一人は同じ寮に住んでいて、寮内にある温泉で顔を合わせたりしていた。
寡黙な人だったが、たまに声を交わせば、どこか芯のある人なのだなと窺わせた。
今、なんとなく彼らのことを思う。
日本中にある原発とその近くで暮らす人々のことを思う。
2ヶ月前まで原発に無関心だった自分の至らなさを思う。


 - 世の中の話題

ad pc

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

「闇の中に光を見出す」を読んで~貧困の背景~②悪いのは自分だから

Contents1 スポーツ界の原理が現実世界でも適用され始めていく2 2004 …

no image
中国で女の子が轢かれたのに誰も助けなかった件

中国で女の子が車に轢かれたのに通行人の18人が誰も助けなかった。 僕は映像を実際 …

no image
就活で失敗すると自殺してしまう4つの理由

今日のヤフーのニュース記事でこんなものがあった。 就活失敗し自殺する若者急増…4 …

no image
東洋辺境島のエリート界隈の出来事ではあるけれど、全島に浸透している病だからこそ気にかかる

  東大を卒業して広告代理店に勤務していた可愛い女性が、入社して2年も経たないう …

no image
雨降らしの朝。安保の喧騒。

ぐずついた天気が続いている。 梅雨。猛暑。梅雨。 と、はっきりとしない天気だ。 …

no image
ニートと平和~中国の暇人人口2億人から考える~

先日、爆笑学問という番組で中国で活躍する若手コメンテーターの加藤嘉一さんが出演さ …